スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  • [--/--/--]
  • コメント(-) |
  • URL |
  • HOME

#318 タミヤ ヘッドルーペ〔クラフトツールシリーズ No.92〕 簡単レビュー 

プラモ製作用にタミヤのヘッドルーペを買いました。なかなか良い製品なので簡単にレビューしてみたいと思います。
このルーペは眼鏡というかヘッドランプやサンバイザーのように頭に掛けて使うタイプで、対象を両目で見ることが出来、視野も広く取られていてすごく使いやすいです。周辺のゆがみも無く、両手もフリーなので作業効率が格段に上がります。近視の方にもお勧めの商品で、眼鏡無しでも小さいものをはっきり見ることができます。

クラフトツールシリーズ No.92 ヘッドルーペ 1.7/2/2.5倍レンズつき 74092

装着感


レンズ込みでも68gと非常に軽いので全く邪魔には感じません。視界も広いので眼鏡のような感覚で使うことが出来、作業に没頭すると掛けているのを忘れるほどです。
バンドの部分は成人男性に合わせて造られていると思いますが、バンドの幅を調整すれば女性や子供にも合うようになっています。バンドで調整してもゆるく感じる場合は、調整用のアダプターも付属しています。
バンドの幅は小さくすることはできますが、大きくは広がりませんので、頭の大きい人には使い辛いかもしれません。
※OEM提供元によると頭回り51~64cmに対応とのこと。


レンズ


1.7倍、2倍、2.5倍の3枚が付属しますが、基本は1.7倍で十分です。
私は近視で眼鏡無しでは少し離れたものはぼやけて見え、近くのものも焦点を合わせるのが辛くてプラモの製作は長年あきらめていましたが、このルーペを使うとはっきり見えます。今はウォーターラインのような1/700の艦船模型を作っていますが、極小のパーツでも楽に扱えます。
※別売りで3倍、4倍(単眼)が販売されていますが、普通は必要ないと思います。


見え方


先にも書きましたが、視野が広いので眼鏡を通してみているような感じです。使っている内にすぐに慣れ、かけているのが気にならなくなります。
拡大して見るには対象物との距離を調整してピントを合わせる必要がありますが、1.7倍なら約25cmという距離で、それほど厳密に距離を調整する必要もなく、ピント合わせは楽です。倍率が上がるほど焦点距離が近くなり、ピント合わせもやや難しくなります。別の製品で5倍のレンズを使ったことがありますが、目のすぐ前で見るような感じで、位置がすこしずれるとぼやけてしまうというかなり厳しいものでした。
※焦点距離 1.7倍:25cm、2倍:20cm、2.5倍:15cm


めがねとの併用


眼鏡をしたままでも使えますが、眼鏡をせずにこのルーペだけを使ってもはっきり見えますので、眼鏡をする必要はありません。説明書には眼鏡をかけた場合と掛けない場合両方を試して使いやすい方を選ぶようにと指示されています。私は2種類の眼鏡(遠距離用/近距離用)で試しましたが、眼鏡をかけても掛けなくても見え方は変わりませんでした。


テラサキ株式会社のOEM品です


この商品はテラサキ株式会社の「メガビューコンパクトN」のOEM品です。
仕様や寸法などを知りたい場合は、次のページが詳しく掲載されています。
テラサキ株式会社:メガビューコンパクトN

タミヤの商品ページはこちらです
タミヤ:ヘッドルーペ


お写真


タミヤヘッドルーペパッケージ
高級感はありません。定価は結構お高いのですけどね。

タミヤヘッドルーペパッケージ裏

タミヤヘッドルーペ全体
本体、収納ケース、レンズ3枚、調整用アダプタ、説明書が付属します。

タミヤヘッドルーペ正面
バンドは左右に広がりますが、これがいっぱいに広げた状態です。

タミヤヘッドルーペ上側
グレーのパーツがおでこに当たる部分で、シボ加工がされていて感触は良好です。

タミヤヘッドルーペレンズ装着状態


タミヤヘッドルーペレンズ装着状態


タミヤヘッドルーペレンズの装着方法
このようにケースに入れたままレンズを交換できます。指で直接触れなくて良いのでレンズを汚しません。良く考えられていますね。

タミヤヘッドルーペ調整用アダプタ
必要無ければ付かなくても良いパーツです。

タミヤヘッドルーペレンズの透明感
きれいなレンズです。レンズ周辺にカラーの縁取りがさていて、倍率が見分けられるようになっています。


タミヤヘッドルーペメガネとの対比
メガネの上から掛けた場合はこのようになります。


利点・気になったところ


利点
・視野が広い
・両目で見ることができる
・両手が使える
・レンズ3枚入り
・ケースのままレンズが交換できる
・軽い

気になったところ
・拡大して見ない場合はルーペを外さなければならない
気になるのはこれだけです。レンズのフチから覗いて見ることもできますが、説明書などを見る場合は私は本体ごと頭の上に上げています。レンズだけをはねあげることもできますが、戻すのが面倒なので使っていません。

今回紹介した商品はこちら。定価7,344円ですが、アマゾンで半額以下で買えました。本家のメガビューコンパクトNを買うよりもタミヤの方が通販で安く買えると思います。

#290 Google AdSenseポリシー違反で広告停止⇒復活 

先日、AdSenseのポリシー違反により広告配信を停止したというメールが来ました。また新手の迷惑メールだろうと思っていたら、本当に広告が停止されていました。

コンテンツ(ブログ記事)と広告の境が明確でなかいという理由でポリシー違反とみなされたようです。私としては故意に悪質なデザインにしたつもりはなかったのでショックでした。AdSenseは一度停止されると復帰するのは無理という記事も読んだことがあり、もうだめなのかと思っていましたが、ブログのデザインを修正して再審査を依頼したところ無事審査が通り広告配信が復活しました。

参考として元のデザインと変更後のデザインを掲載します。

元のデザイン
GAD1.jpg
記事の下に広告を表示させていました。モザイクのエリアが広告です。


変更後のデザイン
GAD2.jpg
記事と広告の境を明確にするため「スポンサードリンク」という一文を表示しました。

元のデザインでもユーザに誤解を与えるような表示はしていたつもりはありませんが、コンテンツと広告は明確に分けた方が良いようです。
Adsenseヘルプ:広告掲載に関するポリシー

再審査を要求して復帰するまで約2週間(盆休み期間を含みます)と迅速な対応をしていただきました。ありがとうGoogle AdSense チーム!

#288 マイボトルに入れる飲み物はなにが良いの? 

最近マイボトルを購入し毎日のように使っています。色々試した中ではにホットのお茶がおいしいので、食後にはお茶を楽しんでいます。
マイボトルに入れる飲み物にも向いているものとそうでないものがあって、緑茶などは味が変わってしまい残念なことになりました。今回は私が試した中でマイボトルに適した飲み物を紹介したいと思います。


いろいろな飲み物を試す


私が実際にマイボトルで試した飲み物です。写真は実際に使っている品です。
伊藤園のお茶が多いのは安くてティーバッグ入りで近所のスーパーに売っているからです。

スポーツドリンク(コールド)
大塚製薬 ポカリスエット イオンウォーター 900ml 12本×2ケースからだを動かす時はこれ。氷を1,2個入れておけばいつでも冷たい飲み物が楽しめます。塩分の関係かスポーツドリンクには対応していないボトルもあるようなのでご注意ください。


ペットボトルのお茶(コールド)
コカ・コーラ 綾鷹 500ml×24本ペットボトルのお茶なら時間が経っても味や香りも変わりませんでした。茶葉から淹れた緑茶は酸化して変色してしまいますが、ペットボトルのお茶なら大丈夫でした。


麦茶(コールド)
伊藤園 香り薫るむぎ茶ティーバッグ 54袋麦茶は味が変わりません。ガッテン方式(熱湯で1分蒸らして水出し)で作っています。


ほうじ茶(ホット)
伊藤園 ワンポットほうじ茶ティーバッグ 50袋最近のお気に入りはこれ。ほうじ茶は時間が経っても酸化しません。焙じる(あぶる)ことでタンニンが分解されるからだそうです。


ウーロン茶(ホット)
伊藤園 ウーロン茶ティーバッグ 54袋ウーロン茶も味は変わりませんでした。酸化(発酵)が進んでいるからかわかりませんが、緑茶とはタンニンの状態が違うみたいです。


ジャスミン茶(ホット)
ジャスミン茶ティーバック30袋他のジャスミン茶は分かりませんが、伊藤園のジャスミン茶は大丈夫でした。


アイスコーヒー(コールド)
UCC 職人の珈琲 甘さひかえめ PET 930ml×12本ペットボトルのアイスコーヒーも大丈夫でした。



・・・ 以下は試してだめだったものです。・・・

×レギュラーコーヒー(ホット)
自分で豆から挽いたもの。6時間後に飲みましたが味も香りも劣化していました。飲めないほどではないのですが、この味なら高い豆を使う価値はないと思います。淹れてから飲むまでの時間がもっと短ければ劣化は少ないのかもしれませんが、6時間ではだめでした。
試してはいませんが、コーヒーを飲むのならインスタントかマイボトル用の製品がよ良いかもしれません。


×緑茶・煎茶(ホット)
酸化して茶色くなり味も香りも変わっていました。飲めなくは無いですがお勧めはできません。
ボトルの説明書に書いてありましたが、緑茶は酸化しやすいのでお湯とティーバッグを用意して飲む直前に抽出するのが良いそうです。



お茶(ホット)のおいしい飲み方


最近はホットのお茶ばかり飲んでいますが、コップや湯のみなど別の器に移すとおいしくいただけます。紙コップでも構いませんので一度試してみてください。ボトルから直接飲むより数段おいしく飲めます。
ボトルから直接飲むと全く温度が落ちないのでお茶らしさを感じませんが、コップにうつすことで温度変化を感じながら飲むことができおいしくいただけます。


お勧めのマイボトル(マグタイプ)
左から300ml, 360ml, 480ml。象印のマグは2013年8月末にモデルチェンジしますが、性能やサイズはは全く同じようですので、価格が安くなっている現行品もねらい目です。

#287 マイボトル「象印 ステンレスマグ300mlタイプ SM-EB30」レビュー  

先日購入したマイボトルが気に入ったのでもう一本買い足しました。今回購入したのは300mlの小さいタイプで、メーカーは同じ象印です。
買い足す前に店頭で主要メーカーの品と見比べたんですが、はやり象印製品が一番質が良さそうに思います。ボトル内部には継ぎ目はありませんし、樹脂やパッキン類もしっかりしています。

ZOJIRUSHI ステンレスマグ アクアブルー 【300ml】 SM-EB30-ABZOJIRUSHI ステンレスマグ アクアブルー 【300ml】 SM-EB30-AB
(2012/02/21)
象印

商品詳細を見る


象印 ステンレスマグの使用感


480mlに比べるとかなり小さくて携帯性に優れたボトルです。300mlはコーヒーカップ2杯強程度の容量ですので、食後のお茶には十分な量です。

【本体】
径は480mlと比べ1cm程細いので持ちやすく感じます。高さは17.5cmと480mlに比べ4cm低くなっています。480mlも最初見たときは小さく感じたのですが、300mlはさらに小さい造りです。背が低く細いのでこの大きさならかばんに楽に入ります。

【飲み口】
口当たりはすごく良いです。径は480mlと比べ1cm小さいのでやや窮屈な感じはします。
氷はそのままでは入りませんでした。480mlは楽に入るのですが、300mlはそのままでは氷が入りません。

【フタとパッキン】
480mlと比べ小さくなっていますので、パッキン類の分解は少し難しく感じます。
アマゾンのレビューにフタ上部のキャップが取れやすいとの情報がありましたが、現在は改良されているようで取れることはありませんでした。店頭に置いてある品で確認しましたが、確かに緩めでした。

【保温性能】
スペック上480mlと同等の性能です。使い比べてみましたが違いは感じません。

お写真



象印ボトル300ml小さくでかわいらしい感じです。色もきれいで気に入っています。

象印ボトル300mlフタ、上のキャップ(銀のラインの上の部分)が取れやすいとのうわさでしたが大丈夫でした。

象印ボトル300ml飲み口、口径は3cmです。480mlと比べると呑むときにやや窮屈な感じはします。
口径が小さいため氷はそのままでは入りませんでした。うちの冷蔵庫で作った氷は普通の大きさだと思うのですが、砕かなければ入りません。

象印ボトル300mlフタ内部、480mlとはパーツの構造が少し異なります。系が小さくなった分あまり余裕の無い造りです。

象印ボトル300mlフタを分解した様子。3つに分解できる。

象印ボトル300mlパッキン類、パッキンをすべて分解した様子。480mlと比べると分解しにくいですが、慣れればなんとかなります。

象印ボトル300ml480mlとの比較、かなり小さくなっています。使い比べてみると携帯するにはやはり小さい方が便利です。


優れている点
480mlと比べ優れているのはこんなところです。
・携帯性(コンパクトで軽い)
・持ちやすい(口径が1cm小さい)
・小さくて見た目がかわいい

気になった点
480mlと比較して気になった点は次の通りです。
・氷が入らない 480mlは氷が楽に入りますが300mlは砕いて入れています
・フタ(パッキン)が分解しにくい
・飲み口が小さくやや窮屈に感じる


今回紹介したボトルはこちら

#286 マイボトル「象印 ステンレスマグ SM-JB48」レビュー  

先日マイボトルを買いました。これまでは水筒を持ち歩く気などなかったのですが、使ってみるとなかなか良いものですっかり気に入りました。購入したのは象印の480mlのタイプです。サーモスと迷ったんですが、デザインと飲み口が良さそうな象印に決めました。サーモス製は使い勝手は良さそうなんですが、飲み口のデザインが気になったのと、自分に合う色がありませんでした。

ZOJIRUSHI ステンレスマグ 【480ml】 カーボンブラック SM-JB48-BNZOJIRUSHI ステンレスマグ 【480ml】 カーボンブラック SM-JB48-BN
(2012/08/21)
象印

商品詳細を見る


象印 ステンレスマグの使用感


水筒を持つのは子供のころ以来ですが、かなり気に入りました。

【本体】
径はコップと同じくらいです。高さは21.5cmありますが、かばんにぎりぎり入るくらいです。重量は250gと軽いのですが、飲み物を入れると重くなります。容量は480ml(0.48L)で500mlのペットボトルとほぼ同等です。

【飲み口】
口当たりはすごく良いです。径も広いのでコップのような感覚で飲むことができます。

【フッ素コーティング】
本体内部はフッ素コーティングされています。水をはじく感じでにおいもつきません。

【保温性能】
良いと思います。冷たいものは氷を1、2個入れておけば12時間は冷たさを維持していました。
ホットを6時間半後に飲んだところ、やけどしそうなほどでした。
フタの部分から放熱しているので、そこをタオル等で覆ってやればスペック以上に保温できそうな気がします。

【色々な飲み物を入れる】
中身は1種類に決めた方が良いようです。本体内部はフッ素コーティングされているので香りが残ることはありませんが、樹脂製の飲み口やフタに香りや味が残るからです。香りつくと1度洗ったくらいでは取れませんので、前の飲み物の香りが混ざってしまいます。
※においがついても数回使えば取れてきます。

【なにを入れるか】
マイボトルを使うのははじめてなので、色々と試していたのですがホットコーヒー(レギュラー)はだめでした。豆から挽いたホットコーヒーは味も香りも劣化するのでやめた方がいいですね。飲めない程ではありませんが高価な豆を使うにはもったいない感じです。レギュラーコーヒーなら時間を置かずに飲むかマイボトル用のコーヒーを使うと良いのかもしれません。ペットボトルに入っている市販のアイスコーヒーなら劣化対策がされているでしょうから大丈夫な気がします。
お茶も劣化しますが、種類によっては大丈夫みたいです。ジャスミン茶のホットはそこそこ行けました。ウーロン茶や麦茶を使っている人も多いようです。コールドなら麦茶が無難かなと思います。
スポーツドリンクは相性が良かったです。説明書に書いてありますがスポーツドリンクを使う場合、早めに手入れをした方が良いようです。


お写真


象印 SM-JB48外観、色は黒にしました。本体はアルミ、フタはプラスティックです。この見た目は気に入っています。主要メーカーの中では象印製のデザインが一番好きですね。

象印 SM-JB48フタ、スレンレスのリングがワンポイント。

象印 SM-JB48上部カバー

象印 SM-JB48飲み口、フタを取ったところです。飲み口は大きくてちょうどコップのような感じになります。樹脂製の部分の口当たりが良いのがこの製品の特徴です。

象印 SM-JB48フタ、このフタが良くできています。簡単には開くような構造ではありませんが、しっかり閉まるので安心感がありこぼれる心配もありません。正しく使えば開けた時にたれたりすることもありません。

象印 SM-JB48フタを分解した様子、大きく3つに分解できます。洗うのが面倒ならこの3つに分解して洗うだけでも良いのかなと思います。

象印 SM-JB48パッキン類、フタについているパッキン類をすべて外すとこうなります。隅々まで洗えるのは良いですが、小さなパーツが多いので掃除が少し面倒なところはあります。


象印 SM-JB48飲み口、本体から飲み口を取り外した様子。飲み口のパッキンも外せます。

象印 SM-JB48全パーツ、パッキン類をすべて取り外した様子。

象印 SM-JB48箱、買った時はかなり小さく感じました。

象印 SM-JB48箱裏面


今回紹介したボトルはこちら
右端のシルバーはアマゾン限定色です。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。