バッファローのルーターが不安定な場合に設定した事 #304 

長年バッファローのルーターを使っています。最近IPv6にしたのでルーターを買い替えたのですが、昔のルーターと比べると妙な挙動がありました。


私の場合、使わない時はルーターとフレッツ光の宅内装置(VSDL)は電源を切っているのですが、これまで使っていたルータなら電源を入れれば数分後に使えたのが、新しく購入したルーターはINTERNETのランプが消灯したままでインターネットにつながりません。何時間待ってもです! ルータの管理画面を見ると「Internet回線判別中」となっていて、管理画面で操作をするとやっとつながります。この現象の場合、回線の判定を固定にすれば問題なく使えるようになりましたので紹介したいと思います。同様の現象でお困りの方は試してみてください。

設定方法

詳細設定>Internet>Internetの中のIPアドレス取得方法 を変更します。
標準では「インターネット@スタートを行う」が設定されていますので適切なものに変更します。フレッツ(IPv6でない)の場合は「PPPoEクライアント機能を使用する」です。IPv6の場合はプロバイダとの契約によって選択する種類がちがいます。私の場合は「v6プラスを使用する」にしています。
バッファロールーター設定

これでルータの電源が落ちたり回線が切れた時の再接続に時間がかかるような事はなくなると思います。多分、IPv6対応の関係で回線を判定する種類が多くなったた為に回線の判定が失敗する事もあるのだと思います。私の使っているのはこのルーターです。

3000円台の一番安いルーターですが、IPv6で下り700Mbps程出ます。プロバイダはDTIですが、不具合もなく使えています。amazonでベストセラー一位、レビューでの評価も高い製品なので性能を求めないのならこれで十分と思います。


スポンサードリンク


コメント

コメントの投稿

この記事に対するご意見・ご感想を募集しています。
コメント内容のみ必須入力です。それ以外は任意でご入力ください。











管理者にだけ表示を許可する(再編集はできません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://zze128.blog9.fc2.com/tb.php/479-159434ab