Nintendo Switchで遊ぶために必要なもの一式 #297 

Nintendo Switch(ニンテンドースイッチ)で遊ぶために必要なもの一式を紹介します。Switch本体と周辺機器、ソフト等遊ぶために必要なものを紹介します。


本体

「Nintendo Switch」と「Nintendo Switch  Lite」の2種類があります。Nintendo Switch(Liteが付かないもの)が通常標準タイプですので、通常はこちらを購入すればOKです。

本体のバリエーションはコントローラの色違いがあるだけです。コントローラが青と赤と、左右共グレーのタイプです。 色に迷ったら青と赤(ネオンブルー/ネオンレッド)をお勧めします。Switchはコントローラが本体から取り外して使う事があり、色で区別できた方が便利です。また、一番売れているのがこのタイプです。


ソフト


メモリーカードのような形のゲームカードを使う方法とダウンロードする方法があります。どちらでも良いのですが、遊び終わったソフトを売ったり人に貸したりするのでなければダウンロード版が便利です。ダウンロード版はカートリッジを差し替える必要がなくスマホアプリのようにメニューから選んで起動できます。Amazonでもゲームカード版/ダウンロード版どちらでも購入できます。また、任天堂のオンラインショッピングサイトMy Nintendo Storeを利用する事もできます。

My Nintendo Storeは、セールで安く買えたり1万円で2本のソフトが購入できるサービス(ニンテンドーカタログチケット)を実施していたりしますので、一通りチェックした方が良いと思います。

遊ぶ為に必要なものは以上です。本体とソフトさえあれば遊ぶ事ができます。次にあると便利なものを紹介します。


あると便利なもの

ここからはあると便利なものを紹介します。

液晶保護フィルム

これは必須といっても良いと思います。スマートフォンと同様フィルムタイプやガラスタイプ、ブルーライトカット等の機能が付いたもがあります。迷ったらHORIが出している標準手的な商品で良いでしょう。ブルーライトカットはたぶん色が変わってしまうと思いますし、ガラスタイプは割れた時怖いのでお子様が使うには向いていないと思います。


LANアダプタ

有線LANで接続する場合に必要です。任天堂からは対応製品を出していないので、一般的なUSB接続タイプを用意します。Wii/Wii U用のWii専用 LANアダプタを持っていればそちらも使えます。

LANケーブルはPC用のバッファロー、エレコムあたりから選べば良いでしょう。Amazon製の商品は長さが選びやすかったので掲載しておきます。ケーブルの規格はカテゴリ5e, 6(CAT6のようにも表記)のように表示しますが、5e, 6, 6aならどれでも構いません。カテゴリ5は古い規格なので避けた方が良いでしょう。より上の規格7, 8もありますが必要ないと思います。


Joy-Con充電グリップ


TVにつないで遊ぶならJoy-Con充電グリップをお勧めします。Switch本体にもグリップは付属しますが、Joyコンを充電するためには本体にセットしなければなりません。この製品はグリップに付けたまま充電できるので非常に便利です。価格も安いので充電が面倒に感じたら検討してみてください。



ここではとりあえず必要のないものを紹介します。


メモリーカード(microSDカード)



SDカードは必要ありません。SwitchはmicroSDカードに対応しています。microSDカードはソフトのダウンロード等に使用できますが、普通に遊ぶだけなら特に必要ありません。ダウンロード版のソフトを多く使う場合や写真動画を大量に記録したい場合に購入すると良いでしょう。
※Switch本体の内臓メモリは32GB(約30GB使用可)あり、セーブデータやダウンロードソフトを記録できます。


スポンサードリンク


コメント

コメントの投稿

この記事に対するご意見・ご感想を募集しています。
コメント内容のみ必須入力です。それ以外は任意でご入力ください。











管理者にだけ表示を許可する(再編集はできません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://zze128.blog9.fc2.com/tb.php/472-7d1f5f76