#28 ロジクール ワイヤレス Wii キーボード レビュー 

Wii用のワイヤレスタイプのキーボードです。
モンスターハンターGをする為にこのキーボードを買いました。
ソフト発売前ですので、モンスターハンターGではまだ使っていませんが、実際に買ってみて感じた点をレポートしたいと思います。

Amazonへのリンク

ロジクール ワイヤレス Wii キーボードロジクール ワイヤレス Wii キーボード
発売日 2008/11/20
任天堂 Wii対応

Amazonで商品詳細を見る

ロジクールの製品ページへのリンク
http://www.logicool.co.jp/index.cfm/gaming/wii/devices/4564&cl=jp,ja

家ではWiiをテレビの下に置いているので、有線キーボードでは無理があると思い、このキーボードを購入しました。
キーボードではWii唯一のライセンス商品ですので、安心感はあります。
今後のキーボード対応ソフトは、このキーボードに対応していると思って間違いないのではないでしょうか。
見た目、使用感共にA4サイズのノートパソコンのキーボードの様な感じです。
ただ、ケースはかなり頑丈に造られていて、思いのほか重量感があります。
それにひきかえ、キーはふにゃっとしていて頼りなく、ノートPCの様な感じです。
逆にその方が無理な力がかかった時に壊れにくいのかも知れませんね。
私はコンパクトで見た目も良いので結構気に入りました。

●外見
ケースはWii本体の色と合あわせたツヤがある白で高級感があります。
子供が使うことを意識しているのか、ケースは頑丈な造りで、このサイズのキーボードにしては重さもずっしりとしています。重さを量った所、乾電池込みで427gありました。

●使い方
キーボード本体に付属の単三電池を入れ、Wii本体裏面のUSB端子にレシーバーを差し込みます。
後は電源を入れるだけで面倒な設定もなく、簡単に使うことができました。
WiiのUSB端子を1つ使いますので、空きが無い方は要注意です。

●説明書
漢字にふりがなが打ってあり、お子様への配慮もされています。
ロジクール製品はマウスやキーボード等PCの周辺機器で有名ですが、元々外国ものなので、説明書は不親切というイメージがあったのですが、この製品は親切な造りです。

●電波の影響など
私は常に電波を発する機器は敬遠するのですが、このキーボードは常時電波を出すものかロジクールのサポートセンターに確認しました。
キーボードを使っていない時も、Wii本体のレシーバーから電波を出しているのではないかと考えたからです。
電波は、キーボード本体の電源がONの場合のみ本体から出ていて、レシーバーは電波を受けるだけとのことなので、使い終わったらキーボードの電源を切るようにすれば安心ですね。

●キー
キーの大きさは普通のキーボードに近く好感が持てます。
コンパクトなキーボードであるにもかかわらず、スペースキーは長く、エンターキーも大きくレイアウトされています。
押した感じは柔らかく、思ったよりかなり深く沈み込みます。
仕様を調べてみると、キーピッチ 19.05mm、キーストローク 3 mmでした。
この数字は、普通のデスクトップPCと同等ともいえる程度の仕様ですね。
ただ、エンターキーは内部を1点で支えているのか、端を押すとぐらついた感じがあります。
スペースキーも大きいのですが、こちらは押した感じはしっかりとしています。

●かな入力はできません
モンスターハンターGはローマ字入力のみの対応です。かな入力はできませんでした。
Wii自体がかな入力に対応していないらしく、インターネットチャンネル等のキーボード対応ソフトもローマ字入力のみの模様。
Wiiのコンセプトからするとかな入力ができないというのは問題だと思います。
年配の方はかな入力って結構多いんですよ。そういう人もWiiは対象としていると思うんですけどね。
Wiiサポート情報:Wiiで使えるキーボードは?


箱表
WiiKB箱表

箱裏
WiiKB箱裏

キーボード全体
ケース部分はWii本体やリモコンと同じ様なツヤがある仕上がり。
WiiKB全体

キーボード裏面
左上にはレシーバを格納する凹みがあります。ランプ横のスライドスイッチが電源ですが、小さいので操作しにくいです。
電源横の丸いボタンはレシーバとの同期を取る為のもの。チルト機能はありません。
ランプは電源を入れた後10秒間点灯。
WiiKB_キーボード裏

左側
Wiiに特化した造りでWindowsキーやAltキーの代わりにズームとブラウザのページ操作キーがあります。
Ctrlキーは小さめですが、Shift、TABキーは大きくレイアウトされています。Altキーは左側にはなく右側のみ。
ESCの横こは、QUITキーがあります。説明書によれば、文字入力をやめる時の機能とのこと。
WiiKB左

右側
エンターキーは大きく、普通のキーボードと同様のサイズ。
Shiftキーは右側にもある。カーソルキーは小さめで、FNキーとOKキーがあります。
OKキーもWii用の機能で、ALT+Enterでも代用可能。
WiiKB右

右側面
キー自体の厚みは薄めで、ノートパソコン程度。
WiiKB_右斜め

右側面
若干の傾斜がつけられている。
WiiKB_右斜め2

キーストローク
思ったよりかなり深く沈みこむ。
WiiKB_ストローク

エンターキー
端を押すと斜めになる。キーボードにこだわりのある人には向かないかも?
WiiKB_エンター

説明書
ロジクールにしてはかなり親切で、ふりがなも振ってある。
WiiKB_説明書

スポンサードリンク


コメント

コメントの投稿

この記事に対するご意見・ご感想を募集しています。
コメント内容のみ必須入力です。それ以外は任意でご入力ください。











管理者にだけ表示を許可する(再編集はできません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://zze128.blog9.fc2.com/tb.php/41-613f6f9b