スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサードリンク


  • [--/--/--]
  • コメント(-) |
  • URL |
  • HOME

#298 Nexus 5でBIC SIM(ビックシム)を使ってみる 

GoogleのスマートフォンNexus 5用にBIC SIMを買いました。格安SIMなどとも呼ばれているもので、ビックカメラ系列で販売されています。中身はIIJmioそのものですので、品質は高いと思います。
昨日契約したばかりですが、なかなか快適です。通信速度は200kbpsを謳っていますが、そんなものではなくもっと出ますね。今回はBIC SIMの契約と、使い勝手についてレビューしてみたいと思います。


BIC SIM(ビックシム)のお写真



IIJmioBIC SIMのパッケージ
人気商品なので2013年12月現在品切れ気味です。これも注文してからしばらく待たされました。

IIJmioBIC SIMの内容
SIMカードや説明書類が入っています。


IIJmioとの契約


ネットで申し込めばすぐに使えるようになります。必要なものはネット環境のほかクレジットカードと受信可能なメールです。

全体の流れとしては次のような感じでした。
1.申し込みページにアクセスする
2.BIC SIMに記載されている電話番号とパスコードを入力する
3.プランを選択する
4.IIJmioの会員登録を行う
5.契約を確定する

IIJmioIIJmioの契約画面
電話番号とパスコードの入力します。どちらもBIC SIMのパッケージに記載されています。

IIJmioプラン選択
いくつかのプランがありますが、私は最低料金で済むミニマムスタートプランを選択しました。SMS付きの契約の場合、月額1092円とユニバーサルサービス料です。

IIJmioIIJmio会員のログイン画面
会員登録していない方はここから新規に登録できます。


端末の設定


IIJmioが使える端末はSIMフリーのものかドコモの製品です。ドコモ以外のキャリアの場合SIMロックを解除すれば使える場合があります。私は先日購入したNexus 5を使っています。

契約ができたら端末の設定を行います。全体の流れとしては次のとおりです。
1.SIMカードを端末にセットする
2.APNを設定する(通信するための情報)

APNの設定は少し難しいかもしれませんが、Nexus 5の場合は情報が設定済みでしたので接続先を選ぶだけで済みました。
これでネットにつながるようになります。

IIJmio定完了後の画面
ロック画面ではNTT DOCOMOとして認識している。


みおぽん(アプリ)のインストールと設定


ミニマムスタートプランの場合、毎月500MBのクーポンがついてます。クーポンを有効にすると最高速度でスピードで利用でき、クーポンがオフの場合は200kbpsの速度制限された状態で使えます。

通常はクーポンはオフで使い、高速なネット接続が必要な場合にオンにして使うのが一般的な使い方だと思います。クーポンのオン・オフを切り替えるアプリがみおぽんです。みおぽんのインストール方法はBIC SIMのパッケージの中に紙が入っています。特に難しいことはなくて、ダウンロードしてログインの設定をするだけです。

契約直後はクーポンはオンになっていたと思いますので、すぐにオフに設定した方が良いと思います。私は月の途中で契約しましたが、料金は日割りになるようです。クーポンの割り当ても日割りでしたね。

IIJmioみおぽんの画面
クーポンのオン・オフが設定でき、日ごとの使用状況も見ることもできる。


実際に使ってみた感想


200kbpsの速度制限された状態でもかなり速いです。たいていは200以上のスピードが出ているようで、何度かスピードを計測しましたが、通常の状態では256~264kbpsは出ているようです。最低速度では160kbpsということもありましたが、そこまで落ちるのはまれでした。
計測した中での最高速度は475.32kbpsです。時間帯によってはこんなスピードが出ることもあります。

IIJmio脅威のスピード
クーポンはオフの状態でこの速度です。回線が空くのか夜の方が速いように思います。日を変えて計測しても300kbpsくらいは何度も出ましたので間違いありません。

使ってみた感じ200kbpsで十分という気がします。Webサイトを見る程度ならこの速度で十分で、クーポンをオンにする必要を感じません。例えば、アマゾンで検索して各商品を順番に見て行くような操作をした場合でも非常に快適で待たされたり遅いと感じることはありませんでした。もちろんPC版のサイトで見た場合です。
Google Mapは初回の表示では待たされましたが、一度データをキャッシュしてしまえば次回にその周辺を見る際にはレスポンス良く見ることができました。

たぶんこの様子ならクーポンをオンにして使うことはないんじゃないかなと思います。動画を見る時くらいですかね。


BIC SIMとIIJmioのSIMの違い


BIC SIMの実体はIIJmioという通信サービスで、IIJmioもSIMカードを販売しています。BIC SIMとIIJmioのSIMの違いは、BIC SIMにはWi2というWi-Fiスポットの使用権が無料で付いて来ることです。違いはそれだけですね。

Wi2も試してみましたが、IIJmioの通信速度が快適なのでわざわざWi-Fiに切り替えて使うこともあまりないのかなという感じはします。無料でWi-Fiが付いてくるお得感があるのでBIC SIMは人気なんでしょうね。たぶんIIJmioのSIMでも十分だと思います。

ただ、クーポンオフでの使用するには制限があってミニマムスタートプランの場合は3日間で366MBを超えると通信が制限される場合があるという決まりになっています。なので、良く使う方は積極的にWi-Fiを使うようにした方が良いのかもしれません。
まぁ、3日で366MBを超えることなんて普通はないと思うので、普通の人は制限を気にすることはないと思います。


SMS付きSIMとセルスタンバイ問題


BIC SIMはSMS機能付きのものを買いました。ちょっと調べればこの件に関する情報は沢山でてきますが、SMS付きのSIMにしないとバッテリの消費が激しいようです。セルスタンバイ問題と言われている現象ですが、データ通信だけの契約の場合は電波を探しに行く動作を無駄に繰り返すのでバッテリ消費が激しいのだそうです。これを解決するにはSMS付きのSIMを使うしか方法がないそうなので、これから契約する方はSMS付きのSIMをお勧めします。

IIJmioセルスタンバイの状態
1日使って圏外が9%なので問題は起きていないと思います。この日はあちこち移動していたので、9%というのは本当に圏外なんだと思います。
※SMS……ショートメッセージサービスのことです。文字数が短い方のメールのことですが、日本ではあまり使われていないようにも思いますが端末の認証にも使われます。


BIC SIMはアマゾンでも売っています。下のリンクはSMS対応のもの。
IIJ BIC SIM SMS対応 マイクロSIM
IIJ BIC SIM SMS対応 ナノSIM
IIJ BIC SIM SMS対応 標準SIM


おまけ
テザリングも普通にできました。BIC SIMを挿したNexus 5にiPadをつなげてみましたが、快適に通信できました。

IIJmioお友達紹介キャンペーン
IIJmioではお友達紹介キャンペーンを実施しています。URL等掲載しておきますので、よければご利用ください。BIC SIM等も対象となるそうです。

IIJmioお友達紹介キャンペーンの概要
https://www.iijmio.jp/campaign/mgm/

URLから申し込み
https://www.iijmio.jp/campaign/mgm/invite/?id=573353455047185&sns=0

コードを使って申し込み
573 3534 5504 7185
関連記事をTag検索:Nexus5 IIJmio

スポンサードリンク


コメント

コメントの投稿

この記事に対するご意見・ご感想を募集しています。
コメント内容のみ必須入力です。それ以外は任意でご入力ください。











管理者にだけ表示を許可する(再編集はできません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://zze128.blog9.fc2.com/tb.php/363-f227aef4

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。