スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサードリンク


  • [--/--/--]
  • コメント(-) |
  • URL |
  • HOME

#285 ドルツの替えブラシ「ステインオフブラシ」を旧機種で使ってみました 

ドルツの替えブラシ「ステインオフブラシ(EW0928-P)」を簡単レビュー

久しぶりにドルツネタです。2013年5月に新型のドルツが発売されましたが、同時に新しいブラシも発売されました。
「ステインオフブラシ」という名称ですが、見た目からもわかるように従来のブラシとはデザインや機能を一新したブラシです。なかなかよさそうだったので、早速試してみました。


ステインオフブラシとは


ステインオフブラシは、2013年に発売された新型ドルツ用(EW-DL32, EW-DL22)の標準ブラシです。特にアナウンスはされていませんが、従来のリニア系のドルツにも対応しています。
専用の機種(EW-DL32, EW-DL22)以外で使った場合、本来の性能は発揮できないそうですが、旧機種でも十分使えると感じました。私はEW-LA25という2世代くらい前のドルツ本体で使っています。

Panasonic ステインオフブラシ(2本入) ピンク EW0928-PPanasonic ステインオフブラシ(2本入) ピンク EW0928-P
(2013/05/01)
パナソニック

商品詳細を見る

ステインオフブラシの使用感


なかなか良いです。これまでのブラシとはまったく異なる使用感で、かなり気に入りました。
ブラシはやわらかめですが、中央部の密集した植毛がしっかり感を出していて、やわな感じはありません。サイドの極細毛もソフトな感じを演出していて、歯ぐきにやさしい感じの設計がされていると思います。
サイドの植毛は短めの植毛と長めの極細毛との組み合わせで、ベーシックブラシやカーブフロートブラシに似ています。ベーシックブラシ等ドルツのサイド植毛は短めでしたが、短くなっている分を極細毛で埋めている感じですね。昔あったマルチキャッチブラシにも少し似ていますが、ちょっと違っていて、極細毛は口当たりをよくする為のものだと思えます。
極細毛を採用したブラシの場合、歯面との接触面積が少なくなりあまり磨けないタイプのブラシもありますが、このブラシは中央の密集毛がうまく補っていると思います。
ブラシの形状はダブルエッジブラシに似ていますが、ダブルエッジブラシの欠点だった歯間が磨きにくいという点は解消されています。密集毛とブラシ端のエッジ形状がよくマッチして、歯間もすごく磨きやすいです。歯間の磨きやすさもドルツの換えブラシの中では一番優れていると感じました。

使用感はすごく操作性の良いブラシという印象。使った感じはベーシックブラシに近いでしょうか。ヘッドがすごくコンパクトで、口の中で動かしやすく作られています。私が使ったドルツのブラシの中ではこれが一番操作性が良いと感じました。
ネック部分も細く、ベーシックブラシよりもさらに細く作られています。ダブルエッジブラシのネックはかなり太めで取り回しに苦労しましたが、このブラシはそんなことはありません。磨きやすさ、操作性の良さはベーシックブラシを超えていると思います。

ヘッドの形状は従来はV型をしていましたが、このブラシは素直な形状です。V型ヘッドは操作のしやすさと歯面への接触面積を増やす目的でデザインされているのでしょうが、ブラシの幅が異なることからやや操作しにくい面がありました。ステインオフブラシのヘッド形状の方が操作性は良いと感じます。

ポイント
・ブラシはやわらかめで口当たりがよい、サイドは極細毛
・コンパクトヘッドと細めのネックで操作性が良い
・ヘッドの形がシンプルで素直な使用感
・歯間もしっかり磨ける。ドルツの換えブラシの中では一番みがけます(ピンポイントブラシを除く)。

気になった所
・ブラシ面がちいさい:ちいさなブラシなので男性が使うにはもの足りなく感じるかもしれません。歯を一本ずつ磨いていくような使い方には適しますが、一気に広い面積を磨きたいという方には向きません。
ブラシがやわらかめ、毛がやわらかめなのでブラシが刺激にとぼしく人によってはもの足りなく感じるかもしれません。
・ヘッドがゴム状のコーティングがされている:舌ブラシを兼ねてヘッドはラバーコーティングされていますが、人によってはゴム状のものを口の中に入れることに抵抗があるかもしません。
・色がピンク:色はピンク一色しかありません。


お写真


ステインオフブラシパッケージ、リニア用と記載されています。今年のモデルには“リニア”という名称は使われていませんが、換えブラシの分類としてはリニア用みたいです。

ステインオフブラシパッケージ裏面、旧機種にも対応してくれています。

ステインオフブラシブラシ外観、薄くコンパクトなヘッドが特徴、ブラシの両端が突き出たダブルエッジ形状です。

ステインオフブラシサイド植毛、サイドは短めの植毛と極細毛の組み合わせ。

ステインオフブラシ色はピンク、ステイン除去機能、やわからめのブラシ、小さなヘッドと明らかに女性を意識したブラシです。このブラシは現行ドルツの標準ブラシなんですが、男性には売れないんでしょうか。色はなんとかしてほしかったですね。

ステインオフブラシ密集毛、中央の密集毛はかなり良いです。他社のマネのようにも思えますが、使用感はなかなかです。

ステインオフブラシ密集毛、角度を変えて見たところ。使用感は従来のブラシとはまったく異なります。

ステインオフブラシヘッド裏、ヘッドはやわらかめの素材でコーティングされています。舌ブラシとしても使えるようです。

ステインオフブラシベーシックブラシとの比較、ベーシックブラシよりもさらにコンパクトな印象。

ステインオフブラシネック、ネック部分は細く作られています。口を閉じてみがきやすいです。

ステインオフブラシヘッド形状、V型ヘッドではなくなりました。密集毛で歯面との接触面をかせげるからでしょうか。


今回紹介したブラシとドルツ本体

スポンサードリンク


コメント

コメントの投稿

この記事に対するご意見・ご感想を募集しています。
コメント内容のみ必須入力です。それ以外は任意でご入力ください。











管理者にだけ表示を許可する(再編集はできません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://zze128.blog9.fc2.com/tb.php/350-da55f44d

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。