スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサードリンク


  • [--/--/--]
  • コメント(-) |
  • URL |
  • HOME

#228 [Windows 7] 評価期間の延長とライセンス管理コマンド 

この記事は、Windows 7のライセンス認証関連のコマンドについてのメモです。

<内容>
・ライセンス管理コマンドの主な機能
・30日の評価期間(試用期間)の延長


<コマンド>
コマンド:slmgr.vbs
名称:Windows ソフトウェア ライセンス管理ツール

<主なオプションスイッチ>
◇ライセンス情報を表示する。
>slmgr.vbs /dli
windows7 slmgr dli

◇ライセンスの詳細情報を表示する。
>slmgr.vbs /dlv
windows7 slmgr dlv

◇ライセンスの認証の猶予期間を表示する(未認証の場合に残り日数を表示)。
>slmgr.vbs /xpr
windows7 slmgr xpr

◇オプションを指定せずに実行すると、コマンドの説明を表示します。
>slmgr.vbs

*****

ここまでのコマンドは情報を表示するのみなので、気軽に試すことができます。
以下はデータを書き換えるコマンドですので、注意して実行してください。

◇評価期間をリセット(延長)する。最大3回まで延長できる。
評価期間が切れた場合には、このコマンドで延長することができます。
>slmgr.vbs /rearm
windows7 slmgr rearm

◇プロダクトキーをアンインストールする。実行すると未認証の状態になりますが、評価期間に戻る訳ではないようです。
>slmgr.vbs /upk
windows7 slmgr upk

◇レジストリからプロダクトキーを削除する。
ヘルプには“無断での公開を防ぎます”と説明されています。たぶん /upk だけでは以前使用したプロダクトキーが残ったままになっていて、プロダクトキーの入力無しで再認証等が行えるのかもしれません。
>slmgr.vbs /cpky
windows7 slmgr cpky


<プロダクトキーをアンインストールした様子>
以下は、/upk、/cpkyを実行してプロダクトキーを無効にした結果です。
windows7 slmgr upk後1/dli で情報を表示させた結果。

windows7 slmgr upk後2コントロールパネル
未認証状態となる。

windows7 slmgr upk後3Windowsを起動した状態
右下に“正規品ではありません”とメッセージを表示する。



Tag:Windows7

スポンサードリンク


コメント

コメントの投稿

この記事に対するご意見・ご感想を募集しています。
コメント内容のみ必須入力です。それ以外は任意でご入力ください。











管理者にだけ表示を許可する(再編集はできません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://zze128.blog9.fc2.com/tb.php/292-4a50d71b

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。