スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサードリンク


  • [--/--/--]
  • コメント(-) |
  • URL |
  • HOME

#227 [Windows 7]Windows 7 Home PremiumでVirtual PC 2007を使う 

Windows 7で、Virtual PCを使ってみました。

うちのWindows 7はHome Premiumなので、最新のVirtual PC(Windows Virtual PC)やWindows XP Modeは使えないのですが、ひとつ前のバージョンのVirtual PC 2007なら動きます。実際にソフトウェアを評価するのに使っていますが、思った以上に快適に動きます。使い方もそんなに難しくはないので、専門的な知識が無くても使えると思いますので、使ってみたい方はぜひチャレンジしてみてください。ゲストOSがちいさいウィンドウの中で動いているのを見ると、なんだかかわいく思えてきますよ。


■Windows Virtual PC 2007のインストール
マイクロソフトからダウンロードしてインストールします。現在はSP1が公開されていますが、KB958162という修正ファイルも適用した方が良いらしいです。
途中、Windows 7はサポートしていないOSであるといったメッセージを表示しますが、問題なくインストールは出来ます。
※ダウンロード用のURLは最後に記載しています。


■ゲストOSにWindows 7をインストール
ウィザードに従って仮想マシンを設定し、ゲストOSにWindows 7をインストールします。仮想マシンの設定は、Windows Vistaを元にして調整しました。
Virtual PCを起動する際にもサポートしていないOSといった旨のメッセージを表示しますが、無視すればOKです。

Windows 7のインストールは、DVD-ROMからではなく、イメージファイルを使いました。DVD-ROMの読み込みはなぜかすごく遅いので、イメージファイルを使用しました。
イメージファイルを作るには、ライティングソフト・B's Recorder GOLDのリッピングという機能を使用しまた。リッピングしたファイルの拡張子はimgで、Virtual PCが要求する拡張子はisoですが、imgのままでも使えます。気になる場合はリネームしても良いと思います。

Windows 7のインストール終了後、バーチャルマシン追加機能のンストールを行いました。Virtual PCをより便利に使う為のソフトをゲストOSのWindows 7にインストールするのですが、これも問題なくインストールできました。ゲストOSからしてみると、インストール用のCDがセットされたと認識するみたいです。


■使用感
かなりキビキビ動きます。思ったよりもスムーズで速いです。うちのPCは3年前のデスクトップで、現在の基準ではそんなに高性能ではないのですが、十分速いです。そういえば、BIOSのPCの設定で、仮想マシンのサポートを有効にしました。

ネットワークやサウンドも自動的に使えるようになっていて、全く手間はかかりませんでした。USB機器は使えませんが、プリンタなどはネットワーク経由で使うと良いそうです。

仮想マシンではWindows Aeroは使えませんし、エクスペリエンスインデックスも評価できませんが、これだけ動けば十分かなと思います。他の仮想環境ソフトではVMwareが有名ですが、そちらならエクスペリエンスインデックスの評価も出来、Windows Aeroも使用できました。


■Windows Virtual PC 2007のダウンロードリンク
マイクロソフトへリンクしています。
Virtual PC 2007 SP1のダウンロードページ

修正プログラム KB958162
KB958162は、SP1のインストール後に適用します。これは、機能強化用のファイルで、WikipediaではWindows 7 Home Premiumで使う場合にはインストールするようにと記載されていました。

修正プログラムのインストール方法部分を抜粋

必要条件
Virtual PC 2007 SP1 をインストールしてからこの修正プログラムをインストールする必要があります。
修正プログラムのインストール

この更新プログラムをインストールするには、.msp ファイルをローカルに保存します。 Windows Vista、Windows Vista Service Pack 1、または Windows Server 2008 を実行している場合は、管理者特権を持つコマンド プロンプトから更新プログラムを実行します。このためには、次のコマンド構文を使用します。
msiexec /p <.msp ファイルのパス>
以前のバージョンの Windows を実行している場合は、ダウンロードした .msp ファイルをダブルクリックして、インストール処理を開始します。続いて、インストールの指示に従います。



Wikipediaにリンクしています。
Wikipedia:Microsoft Virtual PC
リンクやホストOS、ゲストOSの対応状況が参考になります。

Tag:Windows7

スポンサードリンク


コメント

コメントの投稿

この記事に対するご意見・ご感想を募集しています。
コメント内容のみ必須入力です。それ以外は任意でご入力ください。











管理者にだけ表示を許可する(再編集はできません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://zze128.blog9.fc2.com/tb.php/291-a5198b9b

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。