スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサードリンク


  • [--/--/--]
  • コメント(-) |
  • URL |
  • HOME

#199 液体ゴミの捨て方について考えました 

液体のゴミって捨てるのが難しいですよね。
食用油なら固めたり、吸わせたりして捨てる方法がありますが、洗剤なんかはどうやって廃棄したら良いのか分かりません。

そのまま燃えるゴミとして捨てるとゴミ収集車の中がすごいことになりそうですし、液体だと焼却する時にも余分なエネルギーを使ってしまいます。

排水に流して捨てるという方法も考えられますが、トイレや風呂に流すと、浄化槽や下水処理施設で処理されることになり、海や川など環境への負荷や下水施設への負荷が高そうです。下水につながってれば問題ないとおっしゃる方もいらっしゃいますが、いろいろな行政の情報を見ていると、下水の場合でも各家庭で気をつけた方が良いようです。

もちろん、使い切るのが一番良いのですが、どうしても使えないものというのはあって、そういうものが何年も行き場の無いままになっていました。こういったものが増えていくばかりなので、なにか方法がないか考えた結果がこの方法です。


液体ゴミを廃棄する


天日で乾燥させ、水気を無くして燃えるゴミとして捨てます。

捨てたい液体をカップ麺などの容器に入れ、ベランダなど屋外に放置します。何日かすると自然に乾燥して固まりますので、固まったら燃えるゴミとして廃棄します。
次の写真は、車用の洗剤を乾燥させた時の例です。

液体ゴミ12日目くらいの状態。

液体ゴミ23週間後、水分が無くなり固まっている。

今回の場合は、3週間ほどで固まりました。実際はもう少し早く固まったと思うのですが、途中で膜状のものが表面にでき、乾燥しにくくなっていたために時間がかかりました。表面に出来た膜は容器を傾けて底に沈めることで解決しました。


<ヒント>
・面積の広い容器が乾燥には有利です。
・雨に濡れない場所に置く(容器からこぼれます)。
・表面に膜が出来ると乾燥しにくいので、まぜる等の対処を行う。


<警告>
この方法を試す場合は、危険が無いことをよく確認の上行ってください。

この方法に不向きなものもあると思います。においがきついものはご近所の迷惑になりますし、吸い込むと健康に影響があるものもあると思います。例えば、カビキラーのような強力なものは吸い込むと害になりそうですので、やめておいた方が無難です。
種類の違うものを混ぜるのも良くないと思いますし、引火する危険のあるものもあるかもしれません。


私に考え付くのはこのくらいですが、ほかに良い方法があるんでしょうか。ものによってはジョンソン・吸わせるテンプルのような油を吸わせるタイプのものも使えると思います。

スポンサードリンク


コメント

コメントの投稿

この記事に対するご意見・ご感想を募集しています。
コメント内容のみ必須入力です。それ以外は任意でご入力ください。











管理者にだけ表示を許可する(再編集はできません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://zze128.blog9.fc2.com/tb.php/263-3ceeed48

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。