スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサードリンク


  • [--/--/--]
  • コメント(-) |
  • URL |
  • HOME

#197 コンクールF(洗口液)を買ってみました 

コンクールFを購入しましたので、簡単にレビューしてみたいと思います。

コンクールFコンクールF
コンクールF
メーカーWebサイト(ウエルテック社)

コンクールFは歯科専売の洗口液です。歯周病に効く成分が入っているということで、ネットで調べていると良く話題になっている製品です。普通の店では売っていないと思うので、歯科で買うか、通販を利用するかなのですが、amazonで販売していたので買ってみました。一般的な商品ではないのにamazon自体が販売しているのがちょっと不思議ですが、それだけ人気があるということなんでしょうか。

使い始めたばかりですので効果はまだ分かりませんが、経済的なところは良いと思います。薄めて使う製品なので、これ1本で700回使えるそうです。


使用感


使い勝手
原液を水で薄めて使用します。説明ではよく混ぜるとありますが、原液を容器に入れてから水を注げば勝手に混ざりますので、特に混ぜる必要はないと思います。

味と香り
ほんのりとした味と香りがします。刺激感は無く、味や香りもかすかに感じる程度です。
香りは浅田飴の香りが僅かに感じられる様な気もしますが、なんの香りなのか特定できません。刺激感は無いと言い切っても良い程で、味もほんのりと感じる程度です。市販の洗口液は刺激や辛さのあるものが多いですが、コンクールFはやさしい味付けですので、刺激や味が苦手な方でも使えると思います。

メーカーのWebサイトにありましたが、成分を口の中に残すために濯がない方が良いそうです。コンクールFは刺激が無いので、味としては濯がなくても良いのですが、着色料が入っているので気持ち的には濯がないのは少し抵抗があります。

経済性
コストパフォーマンスは非常に優れている製品だと思います。
360回から700回使えるそうですので、市販の洗口液よりも経済的だと思います。

副作用等
・歯への着色
→表面的な着色、研磨剤入りの歯磨剤で落とせる程度とのこと(研磨剤は市販の歯磨き粉に含まれています)。
(追記)2年以上使っていますが着色したことはありません。1日一回寝る前に使用、音波振動ハブラシを使用しています。

・アレルギー/ショック症状
→クロルヘキシジンによるもの。使用上の注意を守れば一般的には問題ない。口中に傷、ただれがあるときは使用しない。

・発泡成分(泡)入りの歯磨剤と併用すると効果が落ちる
→発泡剤(ラウリル硫酸ナトリウム)との併用で殺菌効果がダウンする。発泡剤を含む製品と併用する場合、ハミガキ後良く濯ぎ30分以上時間を空ける。
メーカーでは発泡剤を含んでいないジェルコートFとの併用を推奨している。

気に入ったところ・入らないところ
・経済的:1年は使えそう
・味、刺激が強くない:刺激があるのはわざとらしく感じます。
・歯科専売:普通に売ってないものなのでなんとなく効きそう。市販の製品はユーザの気に入られる様な製品になりがちですし。
・着色料:これだけが余計でした。入れないとダメなもんなんですかね。

参考サイト
コンクールFの成分についてはこちらに詳しく説明されています。
オーラルケアウソまちがい>洗口液比較
メーカーWebサイト(ウエルテック社)
ウエルテック:医療従事者向け情報


-追記-
2012/2/6 使い始めて半年以上経ちましたが、効果を実感しています。夜寝る前に使用して、朝の状態を確認すると分かりやすいと思います。副作用の着色は全くありません。残りもまだたっぷりありますので、1本で1年は持ちそうです。
2013/10/30 2年以上経過しましたが、まだ続いています。使わないと起きた時の感じがかなり違いますので、効果ははっきりと自覚できるほどありますね。


写真でみるコンクールF


説明文などが参考になるかと思い写真を掲載しました。各画像はクリックで拡大します。

コンクールF箱表パッケージ
グルコン酸クロルヘキシジンというのが歯周病に効く有効成分だそうです。他にグリチルリチン酸モノアンモニウムという成分も入っています。
アルコール含有と表示されていますが、水で薄めるからかアルコールの刺激は感じませんでした。



コンクールF箱裏販売名はBe・フラボンとありますがこの名前は見たことはありません。
360回から700回使用でき経済的とありますが、まさにその通りです。1日1回の使用ならかなり長持ちしますので、一般的な洗口液よりもお得だと思います。



コンクールF箱裏拡大成分表示を拡大したところ。
着色剤が入っているというのは予想していませんでした。メーカーのWebサイトにある成分表示は事前に確認していたのですが、着色剤は記載されていませんでした。
メントール、香料(ペパーミントタイプ)とありますが、使った感じ刺激感や香りは感じませんでした。



コンクールF箱側面1箱側面の注意書き
口腔組織に着色が見られる場合があると記載があります。歯の表面に軽く着色される程度だそうですので、普通の研磨剤入りの歯磨剤で磨けば取れるんじゃないかと予想しています。



コンクールF箱側面2コンクールの説明書は箱に記載があるだけです。中に別の説明書が入っていると思っていましたが、そういったものはありませんでした。



コンクールF容器表容器
プラスティック製の容器です。



コンクールF容器裏容器裏の説明
原液の量と薄める水の量は、好みにより調整しても良いそうです。



コンクールF原液コンクールの原液
かなり緑が強いです。緑茶を意識しているのかもしれません。個人的には色は着けなくても良いと思うんですが、着色料がないとおかしな色をしているんでしょうか。
※容器はコンクールのものではありません。



コンクールF薄めた状態原液を水で薄めた状態
原液5滴を約20mlの水で薄めています。舌が緑になる程の色ではありません。




コンクールFはなぜかamazonで販売しています。amazonが扱っている製品は送料無料ですので、他よりも安く買えると思います。良く一緒に使われているというジェルコートFはamazonでの扱いはありませんでした。
冒頭にも書きましたが、歯科専売の品ですので、普通の薬局には置いていないと思います。私の行っている歯医者では、受付で販売していました。

スポンサードリンク


コメント

コメントの投稿

この記事に対するご意見・ご感想を募集しています。
コメント内容のみ必須入力です。それ以外は任意でご入力ください。











管理者にだけ表示を許可する(再編集はできません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://zze128.blog9.fc2.com/tb.php/260-28862421

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。