スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサードリンク


  • [--/--/--]
  • コメント(-) |
  • URL |
  • HOME

#191 ドルツの替えブラシ「山切りブラシVヘッド(EW0910)」レビュー 

前から試してみたかったドルツの替えブラシ、山切りブラシVヘッド(EW0910)を使ってみました。
値段も安く、普段使用しているカーブフロートブラシに良く似たブラシなので期待していたのですが、予想以上に良かったので紹介したいと思います。

Panasonic 山切りブラシVヘッド (2本入) EW0910-WPanasonic 山切りブラシVヘッド (2本入) EW0910-W
パナソニック



はじめに~山切りブラシVヘッドについて色々~


このブラシの一番の特徴はなんといっても価格の安さ、2本入りで希望小売価格は420円です。近所の家電量販店で買いましたが、実売価格は350円でした。1本あたりの175円なら普通のハブラシより安いですね。4本入りもあり、希望小売価格は840円です。

植毛は山切り形状でサイド植毛が短く、見た目はカーブフロートブラシと良く似ています。柄の部分は今のドルツで主流となっているカーブネックではなくストレートタイプなので、見慣れていないとおかしな形に見えるかもしれません。

このブラシはナショナル(パナソニック)の音波振動ハブラシに初めて採用されたブラシで、スピードスイングというドルツの前身にあたる機種で採用されていた様です。昔からある古いブラシということになりますが、このブラシのデザインは今も使われていて、最新のダブルエッジブラシの植毛も山切りブラシVヘッドと全く同じです。イオン用の以前のブラシや、ベーシックブラシもこの形ですので、これが松下伝統のブラシの形なのかもしれません。また、音波振動以前の電動ハブラシの時代にも同じ名前のブラシがあった様です。


山切りブラシVヘッドの使用感


見た目がカーブフロートブラシと似ているので、同じ様なものだろうと思っていましたが、実際に使用してみるとかなり違う感覚のブラシでした。使用感は非常に良く、操作性の点ではカーブフロートブラシよりも優れていると思います。
以下、カーブフロートブラシや他のブラシと比較しながらレビューしてみたいと思います。

ヘッド部分は小さく薄いデザインで、全体がV字型をしています。
植毛の配置と短いサイド植毛が効いていて、コンパクトで操作性の良いブラシに仕上がっていると思います。ドルツのブラシは皆V字型ですが、このブラシは特にV型ヘッドの形状を生かせていて、幅が狭いブラシの先端はどこにでも届きますし、小さく薄いヘッドは、頬の内側の様な狭い場所でも動かしやすく出来ています。

ブラシは山切りの中央列と短めのサイド植毛が組み合わされていて、45度の角度で磨きやすく設計されています。
カーブフロートブラシは毛先が自然と歯間に入り込む感じがしますが、山切りブラシVヘッドは自分で意識して歯間を磨く感じです。これは植毛の間隔とフロート機構の有無の違いかと思います。山切りブラシVヘッドにフロート機構は無く、植毛の数も多めです。

このブラシには先端密集毛が無く、その分操作性が素直です。
カーブフロートブラシの先端密集毛は磨く部位によってはブラッシングの妨げになると感じることもありますが、山切りブラシVヘッドの場合はそういったことは感じませんし、歯とはぐきの境目もやさしく磨けます。先端密集毛は使っている時に段差を感じるので、はぐきに当たる感触が気になりましたが、山切りブラシVヘッドは中央の植毛の長さが揃っている為、はぐきにやさしく感じます。

つま先とかかと(ブラシの先端と末端)の部分も使いやすく、歯間や前歯の裏側といった届きにくいところを磨くのに使いやすくできています。カーブフロートブラシではそのあたりが特に使いにくいと感じていましたが、山切りブラシVヘッドは狙ったところを掃除しやすく出来ています。機能的にはちょうどダブルエッジブラシのエッジ部分に近い使い方ができますし、かかととつま先の植毛はダブルエッジブラシに良く似ています。


評価


カーブフロートブラシに比べると、歯間への毛先の入り込みやすさ、奥歯の奥の磨きやすさの2点でやや劣るものの、ブラシとしての性能は十分です。特に取り回しの良さはドルツの替えブラシの中でもトップクラスで、このブラシを使って磨きにくいと感じる箇所はほとんどありません。価格も安く、誰にでもお勧めできるブラシです。

まとめるとこんな感じです。
・ヘッドがコンパクトで操作性が良い。
・V型ヘッドの特徴を生かした植毛で、狭い場所にもブラシ先端が届く。
・歯とはぐきの境目を45度の角度で磨くのに適していて、はぐきにもやさしく感じる。
・つま先、かかとが歯間を磨くのに適した形で扱いやすい。
・奥歯の奥にもまずまず届く。
・歯間は毛先を意識して磨く必要がある。
・価格が安い。


写真で見る山切りブラシVヘッド


※写真には未使用のブラシを使っています。

山切りブラシVヘッドパッケージ、なにかいつものと違うなと思っていたら、識別用リングの予備が入っていませんでした。他のブラシよりも台紙の幅が狭く、一般的なハブラシと同じくらいのサイズです。


山切りブラシVヘッドパッケージ裏面、このブラシは45度の角度で磨くというのが重要です。


山切りブラシVヘッドブラシの形状、中央列の植毛が山切り、サイド植毛は短めです。ヘッドのプラスティックの薄さにも注目。


山切りブラシVヘッド植毛の配列、ダブルエッジブラシやベーシックブラシ等フロート機構が無いブラシの形です。


山切りブラシVヘッド植毛の様子。中央列の長さは、カーブフロートブラシの先端密集毛と同じ長さです。



山切りブラシVヘッドヘッド裏側、フラットでツルツルです。



山切りブラシVヘッドカーブフロートブラシとの比較、植毛の密度の違いが分かります。ヘッドの厚みの違いにも注目。
左)山切りブラシVヘッド
右)カーブフロートブラシ


山切りブラシVヘッド植毛の配置、山切りブラシVヘッドは植毛もV字の形です。ヘッドの大きさの違いも確認できます。
左)山切りブラシVヘッド
右)カーブフロートブラシ


山切りブラシVヘッドヘッド裏面、山切りブラシVヘッドの方が先端が狭い。
左)山切りブラシVヘッド
右)カーブフロートブラシ


山切りブラシVヘッド植毛の長さ、中央の植毛はカーブフロートブラシの先端密集毛と同じ長さ、サイド植毛はどちらのブラシも同じ長さです。山切りブラシVヘッドの方がヘッドが薄く出来ています。僅かな差ですが、口の中に入れると大きな差に感じます。
左)山切りブラシVヘッド
右)カーブフロートブラシ


今回紹介したブラシはこちら。アマゾンではスピードスイングの名前が今も残っている様です。

スポンサードリンク


コメント

Re: 替えブラシについて

こんにちは。

古い商品は電池が弱っていそうですね。未使用品もどうなんでしょうか。
電動歯ブラシコンテストに載っているものはすごく古いもの(2002年頃)ですが、そんな昔の機械を使って大丈夫なんですかね。音波振動が出てきたのが2001年なので、今はもう時代が違っている様にも思います。

「#187 Doltz(ドルツ)ネタあれこれ」にドルツの歴史を載せていますが、振動数26,000回、幅0.8mmというやさしく磨くことを意識したようなモデルがありました。細かい振動が良いのならそちらはどうでしょうか。EW1040、EW1031Pの2機種だけでその後は販売されていませんが、EW1040は子どもと一緒に磨ける様に考えられている様です。
あと、マルチアクションのドルツは磨く力でいうと、現行型のドルツよりも優れているそうです。振動数も多いので磨き性能が高いのは当たり前かもしれませんが、その分歯とハグキには負担になると言えます。

私は最近いろいろと気をつけているからか、はぐきの状態がすごく良くなりました。
歯と歯の間のはぐき(歯間乳頭というのでしょうか)が上がってきて、今はもう歯間ブラシを入れる場所がないくらいです。フロスを使い出してから状態が良くなりましたね。ジェットウォッシャーも役に立っているのかもしれません。フロスと並行して使い出したので、個別の効果は分かりませんが。
次回の歯の検査が今から楽しみます。

2zzさんこんにちは。

歯ぐきが目で見てわかるほど健康になってうらやましい限りです。
フロスセットに慣れてしまうとゴム手とデンタルフロスでフロスするのが面倒になってしまいます。電動歯ブラシも手で磨くのが面倒になるのでわたしは歯並びが悪い歯の色素沈着がひどいです。
定期的にクリーニングに行かなくてはなりません。
磨き過ぎていることはないとおもいますが、今後は、長く電動歯ブラシを使っていくので、検診の時も電動と普通の歯ブラシをジェルペーストや研磨剤入り歯磨き粉と一緒にもっていき指導をしてもらいます。
ステインオフドルツようのアッタッチメントも必要であればドルツリニアで使用してみようと思います。

古い商品は確かに、電池が弱っていました。返金をしていただき、お互い時間とお金がかかってしまいました。確かに20世紀の歯ブラシは電池漏れのおそれが高いと思います
マルチアクションは音波振動で、まだまだ新しい商品ですね。
パナソニックの技術で凄い機能なのかなって気にはなっていました。時代が変わったからやめてしまったのでしょうか。

最近はナショナルの電動歯ブラシのローリング磨きが歯茎に触れにくくやさしいと思って使っています。表面もきれいになる気がします(ドルツも合わせて)。

Re: はぐきとか

こんにちは。

マルチアクションの動きはすごそうですが、動きすぎてはぐきを痛める可能性もあるかもしれません。
ドルツの過去の機種のスペックを見ていると、振動数31,000や4万という時代を経て今のスペックに調整がされている訳ですから、これがちょうど良い性能なんじゃないかと思います。
あとは今の機種は昔に比べてリニアモーターのパワーがあがっていたり、電池の性能があがっているというのはあります。

はぐきは自分でも良くなってきました。はぐきって口の状態の変化に敏感に反応するんじゃないかと思います。去年禁煙した時も一部分が目にみえて成長したのがわかりましたし、フロスを使う様になってからまた良くなりました。
はぐきに良いのは口の中のプラークをできるだけ少なくすることだと思いますが、プラークを抑えられれば、はぐきの状態にすぐに現れる気がします。歯についているプラークはドルツとフロスがあればかなり落とせますので、今はその他のプラークコントロールについて気をつけています。夜寝る前のはみがきとか間食とか色々です。


次のビデオを見てかなり衝撃を受けたものです。興味があればご覧いただければと思います。
口の中の映像や歯周ポケットを測っている様子が出てきますので注意してください。

歯周ポケットを実際に測ってみる
http://youtu.be/3fGPmZP7FJE
歯周ポケットってこんなになるんですね。おそろしいです。ジェットウォッシャーをすると血が出てくるというのもこれなら頷けます。

PMTC 歯科衛生士に磨いてもらいましょう
http://youtu.be/3y9sc8mzjQY
このビデオは歯磨きの仕方が面白いです。タフトブラシの使い方や、回転して磨く機械も出てきます。そういえば、歯磨剤は最初に全体に塗りなさいと言っている人もいました。

こんにちは


歯周ポケットは測れるのですね。
フロスセットで歯ぐきを傷めて以来、歯周ポケットの中を想像したくなかったです、口腔洗浄器の必要性を感じます。
風邪の季節、のどの洗浄にも有効でしょうか。歯ぐきは弱めの水力で使用したいです。
口腔洗浄器は電動に限ります!!

色付きの文字この頃、歯の色素沈着ではなくバイオフィルム(細菌膜)を疑っているので、歯科に予約に行きたいです。

こんにちは。

えぇっと、歯周ポケットって歯医者さんで測りませんか?私の行っているところでは、歯のクリーニングの時にいつも測ってくれます。たぶん、前回の検査結果と比べて歯周病の進行をチェックしているのだと思うんですが。

口腔洗浄器というのはドルツのジェットウォッシャーの様な製品のことですよね。ビデオにあったような歯ぐきが弱っている方にはすごい効果があると思います。普段からハブラシ+フロスできちんとケアしている方には劇的な効果はないかもしれませんが、ハブラシだけの場合ははっきり効果が実感できるんじゃないでしょうか。
ドルツ・ジェットウォッシャーはのどの洗浄には使えません。威力が強いのでのどに当てるような使い方はできません。

コメントの投稿

この記事に対するご意見・ご感想を募集しています。
コメント内容のみ必須入力です。それ以外は任意でご入力ください。











管理者にだけ表示を許可する(再編集はできません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://zze128.blog9.fc2.com/tb.php/254-780e3341

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。