スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサードリンク


  • [--/--/--]
  • コメント(-) |
  • URL |
  • HOME

#185 「ドルツ・ジェットウォッシャー」レビューその1[導入編] 

ドルツ・ジェットウォッシャーを購入しましたので、簡単に紹介したいと思います。

Panasonic ドルツ・ジェットウォッシャー 白 EW1250P-WPanasonic ドルツ・ジェットウォッシャー 白 EW1250P-W
(2009/02/20)
パナソニック
今回は導入編ということで、写真をメインに紹介していますが、続編では詳細な使い勝手や効果についてもお知らせできればと考えています。

簡単に感想を書きますと、買って良かったと思いますし、既に効果も十分発揮してくれました。
2週間前に歯のクリーニングを行い、歯磨きは音波振動ハブラシのドルツを使用、毎日フロスもしていたので、これ以上無いという程自分では口の中はきれいな状態だと思っていましたが、ジェットウォッシャーで洗うと口の中から嫌なにおいの水が流れていきました。2回目も少し嫌なにおいがしましたが、3回目からはにおわなくなりました。このにおいはフロスでは取り切れなかった奥歯の間の汚れによるものだと思いますが、これだけでも買った価値がありました。

前回の記事
ジェットウォッシャーの購入を検討していた時の記事です。
#183 「ドルツ・ジェットウォッシャー」導入を検討中



写真で見るドルツ・ジェットウォッシャー


おもちゃっぽい造りなのかと思っていましたが、そうでもありませんでした。高級感はありませんが、デザインも良く、しっかりした造りです。タンクの色がきれいで、水を入れると癒し効果を感じる様な色に変化します。

ドルツEW1250 箱1 パッケージ表側、箱はそこそこ大きいです。箱に商品のアピールポイントが掲載されているんですが、これらの情報を消費者が目にする機会はあまり無い様にも思います。パナソニックのサイトにもこういった情報は掲載されていませんし、店頭に箱を置いているとも思えません。

ドルツEW1250 箱2箱裏面。結構重要な情報が記載されています。
アマゾンではこの説明の一部分が掲載されていましたが、箱にははぐきの状態が改善するとも記載されています。こういった情報をパナソニックのサイトで発信してくれればと思います。(画像クリックで拡大)

ドルツEW1250 箱4箱の上部。特になし。

ドルツEW1250 箱5 ドルツEW1250 箱6側面。箱の側面にも色々な情報が載っています。
グリップが水洗いOKというのは説明書にはっきり記載されていませんでした。説明書には汚れがひどい場合は洗っても良いといった表現で説明されているので、こうやってはっきり書いてくれると安心して洗えます。

ドルツEW1250 梱包状態開梱した状態。本体をはじめて見たときは小さいと感じました。もっと大きいと思っていましたが、意外と小さいものでした。

ドルツEW1250 付属品付属品と説明書。4つ穴が空いているパーツは替えノズルを収納する為のスタンド。

ドルツEW1250 本体1全体。正面からの写真を撮るのを忘れていたので、こんな写真しかありませんでした。

ドルツEW1250 本体2フタタンクのフタを外した常態。フタはしなくても使えますが、ホコリが入るのを予防できます。

ドルツEW1250 本体3ダイヤルダイヤル。水量調整と電源スイッチを兼ねています。つまみがもう少しだけ手前に出ている方が良いかと思いましたが、使いにくいという程でもありません。水量は毎回調整することになりますが、今のところ面倒には感じません。電源と兼ねているのは、装置を保護する為の工夫かと勝手に思っています。

ドルツEW1250 本体4ノズルグリップと操作スイッチ。手元のスイッチで水を一時的に停止することができます。構造的にはノズル内で強制的に水をせき止めているだけで、本体のポンプは動いたままです。

ドルツEW1250 本体5ノズル底部グリップの下部と本体に差し込む部分。グリップは本体に軽く差し込んでいるだけです。しっかり固定している訳ではありませんので、片手で簡単に外せます。

ドルツEW1250 本体6ノズル取付部ノズルとグリップへの取り付け部分。グリップ内に金属パーツが仕込んであり、しっかりと取り付けできます。ノズルは回転させることが出きる仕組みになっていますが、このあたりの構造はさすがと思わせるものがあります。

ドルツEW1250 本体7ノズル先端ノズルの先端部。このノズル、もっと安っぽいものかとおもっていたら、すごくしっかりしたものでした。素材は硬いプラスティック状のものです。ノズルは指先でつまんで回転させることができ、水流の位置調整が可能です。回転させる仕組みと廻したときの質感も良くできています。

ドルツEW1250 本体8タンクの容量は650mlですが、650mlは満水の容量ですので、実質使えるのは600mlです。600mlの水を入れて水量1で使うと、水が無くなるまでの時間は4分と少しでした。

ドルツEW1250 本体9背面。出っ張り等はなく壁にくっつけて置くことができます。

ドルツEW1250 本体10 こちら側は電源コードがあるので少し出っ張っている。

ドルツEW1250 本体11横タンクが台形の様にも見えますが、写真の写りの関係です。 タンク側には出っ張り等はなく、壁際に置くこともできます。

ドルツEW1250 本体12タンク裏面タンク裏。このタンクは色がすごくきれいです。水を入れると色合いが変化して水槽の様に見えます。

ドルツEW1250 本体13コードグリップと本体をつなぐコードはくるくると丸まっています。収納時は自然に丸まり、こういう形に収まります。

ドルツEW1250 本体14底面1本体底面。足がついています。

ドルツEW1250 本体15底面2少し設置面から浮かせる様な配慮がされています。

ドルツEW1250 本体16タンク取外本体からタンクを外した様子。

ドルツEW1250 本体17タンク底面タンク底面。タンクを取り外して逆さにした様子。

関連記事
#188 「ドルツ・ジェットウォッシャー」レビューその2[使用感
#185 「ドルツ・ジェットウォッシャー」レビューその1[導入編]
#183 「ドルツ・ジェットウォッシャー」導入を検討中
ドルツに関連した記事を全検索 Tag[ドルツ]

スポンサードリンク


コメント

さすがメーカー品。
価格相応のしっかりした作り!

実物をしっかり見ていないので分からなかった。
仕組みは簡単そうでも細部はこまかい商品ですね。

量販店で見た印象は思ったよりもコンパクトでびっくりでしたが、
家に届いたらまた驚きますね。

Re: ジェットウォッシャー

こんにちは。

造りはしっかりしていますね。全体的にコンパクトにまとまっていて、日本の家庭事情に合っていると思います。
ジェットウォッシャーを購入されたのでしょうか?よろしければ、感想などをお寄せください。

コメントの投稿

この記事に対するご意見・ご感想を募集しています。
コメント内容のみ必須入力です。それ以外は任意でご入力ください。











管理者にだけ表示を許可する(再編集はできません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://zze128.blog9.fc2.com/tb.php/247-424c5599

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。