スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサードリンク


  • [--/--/--]
  • コメント(-) |
  • URL |
  • HOME

#181 ソニッケアーとドルツ比較レビュー 

今回はソニッケアーとドルツの比較をしてみたいと思います。以前にも同様の記事を書いていたのですが、内容に偏りがあったので公開しませんでした。

ソニッケアーとドルツの両方を使用した結果、私にはドルツが合っていたのでドルツを使用していますが、ソニッケアーがドルツよりも劣っているということではなくて、私には合わないところがあったということです。
どちらの製品にもそれぞれ良い点がありますし、人によって歯の状態も磨き方の好みも違うと思いますので、以下の記事は参考程度に見ていただければと思います。

使用した機材について
ソニッケアー、ドルツ共に2010年に購入した製品で、ソニッケアーは約1ヶ月半、ドルツは約9ヶ月使用しています。
ソニッケアーのブラシは標準のプロリザルツブラシヘッド(スタンダードサイズ)を使用。ドルツはイオン無しの機種で、替えブラシは3種類を試しています。


Panasonic ドルツイオン 音波振動ハブラシ シルバー調 EW-DE41-S PHILIPS sonicare 電動歯ブラシ Flex Care+ HX6972/10
左:ドルツイオン(EW-DE41)  右:ソニッケアー フレックスケアープラス(HX6972/10)



はじめて使った時の感想


それぞれの機種をはじめて使用した時の感想です。

<ドルツ>
スイッチを入れてみて、なるほど毛先だけが動くんだなと妙に関心したのを覚えています。
使った感じはなんだか動いているけどこんなのできれいになるのかと半信半疑な感じでしたが、終わってみると歯の表面がツルツルピカピカになり、すごく感動したのを覚えています。

<ソニッケアー>
ソニッケアーはドルツを使い始めて数ヶ月経過した時点で使用しました。
最初に見た時はブラシがとにかく大きく感じました。幅が普通のブラシの1.5倍程なのですが、見た目にはそれ以上の大きさに感じます。どうみても外国仕様の大きさで、こんなので日本人に合うのかなと思いました。

ドルツに慣れているので、似たようなものだろうと思ったら全く違いました。ものすごいパワーがあり、動かしている間も早く終わって!という感じで拷問の様にも感じた程です。磨き終わった時はぐきが麻痺した様になったのを覚えています。

私の場合は最初からフルパワーで使用した為にこの様な結果になったのですが、ドルツで電動の刺激に慣れていたにもかかわらず、ソニッケアーの刺激を強く感じたというところに注目していただければと思います。
ソニッケアーに慣れる為に段々とパワーを上げていく機能が搭載されていますので、説明書通りに使えば刺激にも自然と慣れるはずです。


使い心地


ドルツは歯ブラシに近い感覚で使用できますが、ソニッケアーは機械で歯をみがいているという感じがします。

<ドルツ>
普通の歯ブラシに近い感覚で使えます。
自分で動かさなくても良い歯ブラシという感覚で使用でき、歯にブラシを当てるだけでみがけます。
口をあけて磨いても液が飛び散ることもありませんので、ブラシの操作や移動も普通の歯ブラシを使う感覚に近く、鏡を見ながら磨くこともできます。

使用後は歯の表面がツルツルになるのが実感できます。手みがきでここまできれいに磨くには、相当な時間をかけて磨かなければならないと思います。

特に良いと思ったのは、歯並びの悪く手みがきでは磨きにくかったところが楽に磨ける様になったことです。ブラシを当てるだけで良いので、今まであきらめていたところも磨ける様になりました。

手元に少し振動を感じるのと、重量も普通の歯ブラシよりは重いこともあり、最初は多少の慣れが必要でした。
本体は防水されていますので、丸ごと水洗いでき、そういったところも歯ブラシ感覚で使えます。

歯に感じる刺激は控えめでやさしく磨けますが、中にはものたりないと感じる方もいらっしゃるかもしれません。


<ソニッケアー>
歯ブラシというよりも、機械で磨いている感じがします。
サイズが大きく立体的な造りのブラシは慣れるとすごく気持ち良く感じます。ソニッケアーを使っていると他のは使えないという方がいらっしゃいますが、確かにその通りだと思います。

ドルツに比べ磨く力を強く感じ、より強力にみがけます。歯の平面部分を磨く性能でいうとドルツよりもソニッケアーの方がパワーが強い分上だと思いますし、実際に磨いた感じ(ツルツル感)もソニッケアーの方が上です。
ソニッケアーで磨いたツルツル感を得る為には、ドルツで2回は磨かなければなりません。
パワーの違いはブラシの動く範囲がソニッケアーの方がより広いからだと思います。

ソニックテクノロジー
ソニックテクノロジーは振動で水流を起こして歯をきれいにする機能ですが、結構な水の動き(水流)が起こります。ドルツも似た様な水流が発生しますが、ソニッケアー程のものではありません。ソニックテクノロジーにどの程度の効果があるのかは実感できませんが、水の動きは見て分かりますし、良い効果が期待できそうには思えます。

手元に感じる振動がドルツより少ないのが実感できます。ソニッケアーには振動を打ち消す機能が組み込まれているそうです。もち手の部分はドルツよりもソニッケアーの方が太く、太い分ドルツよりも握りやすいと感じました。

ソニッケアーには優れた点もあるのですが、そのパワーとブラシの大きさと形状から使いにくい点も目立ちます。
以下、ソニッケアーの気になった点について記載します。

口を開けられない。
まず、口を開けられないことが困りました。口を開けるとまわりに飛び散るからです。鏡を見ながら気になる所を念入りに磨くといったことはできませんし、この関係でブラシの取り回しなど色々と使いにくいことが多いです。

ブラシが使いにくい
あの大きなブラシは歯の表側を磨くには適していますが、裏側を磨くのには全く適していません。立て気味にしてななめにすればなんとか磨けるのですが、口を閉じぎみにしなければならないのでなかなか難しいのです。特に前歯の裏が一番困ります。普通は歯ブラシを立てて磨くと思うんですが(マニュアルにもそう記載されています)、どうやっても良い方法がみつかりませんでした。
また、ブラシが大きい為に口の中で反転させるのも気を使います。口を閉じ気味にしなければなりませんし、プラスティック部分が歯に当たると非常に嫌な感じがするからです。
両端が尖っている所にも注意が必要で、ほほの内側に先端部分を長く触れていると知らない内に傷つけてしまうこともありました。
また、ブラシの形状が立体的な為に歯のかみ合わせの面も磨きやすいとはいえません。
まとめると、歯の表面をみがくのには良いが、その他の箇所には使いにくいブラシだということです。

歯を1本ずつ磨けない
ブラシを当てて一気に磨く感じの使い方になり、歯と歯の間を意識してブラシを当てたり、歯の丸みや角度にあわせて磨くといった使い方には適していません。
広い範囲を面で磨くという感じで、ソニッケアーは一本ずつ歯を磨くという設計思想ではない様に思いました。
歯間やブラシが触れないところは、ソニックテクノロジーである程度まかなえるのかもしれませんが、海外ではフロスが普及しているそうなので、ソニッケアーで歯面を磨き、歯と歯の間はフロスで磨くという様に役割分担がされているのかもしれません。メーカーのサイトでもフロスは必須であるとされていました。
※ドルツならフロスが不要という意味ではありません。

本体が水洗いできない
完全な防水ではないので気を使います。

2分で終了する
2分で強制的に終了しますので、時間内に終わる必要があります。再度始動すれば良いのですが、私が使用していた機種は停止のボタン操作がやり難かったので、結局は2分で終わらせる様になりました。

以上はプロリザルツブラシヘッド「スタンダードサイズ」を使用した場合の感想です。
ほかに「ミニサイズ」のブラシがあります。実際に使ったことはありませんが、ミニサイズの方が日本人には合っていると思えますし、ミニサイズを使用した場合はまた違った感想になると思います。


ソニッケアーとドルツ結局どっちがいいの?


はじめてこういった製品を購入する方はどちらが良いのか迷ってしまいます。
私の場合はドルツが合っていましたが、人によってはソニッケアーが合っている方もあるでしょう。
絶対的にどちらかが優れているということはありませんので、自分で判断するしかないのですが、参考にしていただける様にいくつかポイントを挙げておきます。
多少ドルツ寄りの結果になっているのはご勘弁いただければと思います。

ソニッケアーとドルツの色々な比較
評価項目 メモ
強い刺激は苦手 × ドルツの方がやさしく磨けます
歯を1本ずつ丁寧に磨きたい × 歯ブラシに近い感覚で磨けるドルツが適しています
ゆっくり時間をかけて磨きたい × ソニッケアーは2分で強制的に終了します
短い時間で歯磨きを終わらせたい 両機種共に2分が目安です
とにかく強力に磨きたい × ソニッケアーの方がより強力に磨けます
歯をツルツルにしたい ソニッケアーの方がよりツルツルになります
歯ならびが良くない × ブラシが操作しやすいドルツが適しています
ブラシは小さい方が良い ソニッケアーには標準と小さいタイプの2種類があります
大きいブラシの方が良い × ドルツに大きいブラシはありません
やわらかいブラシを使いたい × ドルツにやわからめの替えブラシがあります
鏡を見ながらみがきたい × ソニッケアーで口を開けて磨くのは難しいと思います
舌や頬、はぐきもブラッシングしたい ソニッケアーを舌には使えると思います
敏感な箇所にあのブラシを適用できるかは疑問に感じます
機種によりはぐきマッサージモードを装備します。
着色よごれが気になる × 効果が実証されているソニッケアーが有効です
以前からソニッケアーを使っている × ソニッケアーユーザーがドルツの刺激に満足できるとは思えません
以前からドルツを使っている ドルツからソニッケアーへの乗り換えは可能と思えます
ブラシを除菌したい × ソニッケアーの上位機種には除菌機能が搭載されています
こまめにブラシを交換したい × 安価なブラシが選択できるドルツが有利です
替えブラシは安い方が良い × 安価なブラシが選択できるドルツが有利です
替えブラシを色々試したい × ソニッケアーのブラシは2種類だけです
子供に使いたい 小さいお子さんにはソニッケアーの刺激は強すぎるかもしれません
子供用のソニッケアーもあります
お年寄りに使いたい お年寄りにソニッケアーの刺激は強すぎるかもしれません
介護用として使いたい × やさしく磨けるドルツをお勧めします
ド:ドルツ、ソ:ソニッケアーを○×△の3段階で評価しています。

最後に少し付け加えておきますと、ドルツもソニッケアーも使い勝手が違うだけで、どちらもある程度の効果を発揮してくれます。ただ、きちんとケアする為には電動ハブラシだけでは不十分です。ソニッケアーのWebサイトにもありますがフロス(歯間ブラシ)は必須です。また、歯科での定期健診(歯のクリーニング)を受け、プラークコントロールなどについても学習されることをお勧めします。


ソニッケアー シリーズ


パナソニック ドルツ 2011年モデル

スポンサードリンク


コメント

以前からいいという話をきいていたソニッケアーキッズ。
替えブラシがナショナル生産終了品と比較して10.5倍!
これはどうにもならないけど、虫歯リスクが高いなら買うかもしれない。
動画によれば口をあけて磨いていました。
研磨剤は専用のものがなければいつものを使って、
http://saya.s145.xrea.com/archives/2010/09/sonicare_for_ki.html

個人輸入したら6000円代で買えます。その場合
30日間返品保証は利用できるかわかりません。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: 除菌機

除菌器すごく安いですね。本物かどうかは分かりませんが、安すぎて怪しい感じもします。

除菌器は個人的には不要だと思います。身体にある程度菌は入った方が身体は丈夫になると思いますし、そういうものに普段から頼っていると、抵抗力が弱って余計に身体が悪くなりそうにも思います。
また、全く無菌にできる訳でもないそうですので、ハブラシを装置の中に入れるというのにも抵抗を感じます。除菌器の中の汚れの方が心配です。

私も実際使ったわけでもないので、使ってみると意見が変わるかもしれませんが、除菌するよりもブラシを短い周期で替える方を選びます。

Re: ソニッケアーキッズ

ソニッケアーキッズについて調べてみましたが、子供が使いやすい様に良く工夫されていてとても良い製品だと思います。

リンクしていただいたビデオを見ると、すごい勢いで水が飛び散っていますよね。ですので、やはり周りに飛ぶのは覚悟しなければならないと思います。子供用のパワーを選ぶことができ、そちらは振動が控えめということなので、それならまだましかもしれません。

子供が電動ハブラシを使うことについては以前から考えていたのですが、良い面も悪い面もあるのではないかと思います。
歯磨きがきらいな子供に与えることで歯磨きに興味を盛ってくれるという事はあるでしょうし、手みがきでやるよりもきれいにはなると思います。

ただ、子供の頃からこんな機械に頼っていて良いのかとも思います。
子供の頃に覚えなければ、その子はずっと手で歯をみがくことができなくなるかもしれません。一生電動で磨けば良いという考えもできますが、電動ハブラシが使えない時に困ることもあるかもしれませんね。
あと、歯磨きをすることで、同時に手や指を動かし方も学んでいるというのもあると思うので、そういうところもどうなのかなと思うのです。

歯は一生ものなので判断が難しいところはあるのですが、子供の頃はできるだけ手みがきがいいんじゃないかなと思います。歯磨きが上手にできない子にはソニッケアーキッズは有効だと思いますよ。

先に書いたのは私の考えですので、ご自身で判断していただければ良いのですが、歯磨きができないまま成長して大丈夫かなとは思います。

ハブラシのこする動きを覚えないまま大人になって大丈夫かなという心配がありますし、不器用な子供に育ったりとかしないんですかね。手の動きって脳の働きに関わっていると思いますし。余計な心配かもしれませんが、どうしてもそんなことを考えてしまいます。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: ソニッケアー

プロリザルツ ブラシヘッドのスタンダードサイズしか使ったことはありませんが、ミニの方がまだ日本人には合いそうには思います。

ソニッケアーはイージークリーンという入門機が安いのですが、本当に安っぽい造りでした。ソニッケアーには本体のグレードは色々とありますが、磨く性能はどれでも同じです(選べるモードは機種によって変わります)。

ミニサイズのブラシを買うことも考えると、ひとつ上の機種のヘルシーホワイト(HX6732/05)が良いかもしれません。
この機種ならミニサイズもついていて、やさしく磨くセンシティブモードも装備しています。

と思っていたら、通販で買うのなら最上位グレードのフレックスケアープラス (HX6921/02)の方が安いくらいですね。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: ソニッケアー

エチケットパワーハブラシは古いものならプラスティックが劣化していたのかもしれませんね。
あと、乾電池式のものはどうしても構造上弱点が多いです。一世代前のスリムの乾電池のタイプも電池を入れるところが弱そうでした。

ソニッケアーで歯の裏側やかみ合わせ面を丁寧に磨くのは難しい様に思います(実際に試した上での感想です)。
あまりにも歯の表側を磨く為に特化した造りのブラシだと思えたので、もしかしたら、外国では歯の表面しか磨かないのではないかとも一時期考えていた程です。そういった習慣や文化の違いって案外ありますからね。

先ほどまでソニッケアーとドルツのテストをしていました。歯間のプラークがソニックテクノロジーでどれだけ取れるのか見てみたかったのですが、プラークを何日か熟成させないと思った様な結果はでない様です。ただ、奥まっている箇所には染色液が残ったので、宣伝されている様なすごい効果はなさそうに思います。

コメントの投稿

この記事に対するご意見・ご感想を募集しています。
コメント内容のみ必須入力です。それ以外は任意でご入力ください。











管理者にだけ表示を許可する(再編集はできません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://zze128.blog9.fc2.com/tb.php/242-1270fb7f

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。