スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサードリンク


  • [--/--/--]
  • コメント(-) |
  • URL |
  • HOME

#169 禁煙後の色々な変化についての記録(禁煙90日目) 

禁煙して90日が経過しました。3ヶ月でとりあえずは禁煙成功といえるらしいですし、今のところ順調です。

今回は禁煙したことによる色々な変化について書いておこうと思います。
禁煙関係の本等を読みますと、禁煙するといろいろと素晴らしい変化がある様に書かれているものもありますが、誰でもそんなにすごい効果がある訳ではありませんので、あまり期待しすぎない方が良いと思います。
長年タバコを吸っている方で、タバコによる影響がかなり進んでいる場合は、劇的な変化もあるそうですが、そこそこ健康な人にはそんなに大きな変化はないんじゃないでしょうか。

しかし、ちいさな変化は沢山ありました。
あまり変わらない様に思えても、いろいろと変化はあるもので、私の場合はハグキが急に成長しだしたのが一番わかりやすい変化でした。身体の変化もありますが、気持ちや考え方にも影響がありますし、禁煙するとなんらかの変化があるはずです。
ただ、そういった変化に気がつくのは一瞬ですし、すぐにその状態が当たり前になってしまい忘れてしまう事が多い様に思います。

そういう訳で今回は禁煙後の身体や考え方等の変化について忘れない内に記録しておこうと思います。これから禁煙を考えている方や、禁煙中の方に少しでも参考になるでしょうか。


身体の変化


ここでは身体に起こった変化や感じ方等についてまとめています。

●のどの痛みがなくなった
夜結構な確率でのどが痛くなることがあり、フィニッシュコーワが手放せませんでしたが、今ではそんなことは全くなくなりました。夜は毎日フィニッシュコーワをしていたのが、今ではまったく使わなくなりました。

●セキがでなくなった
タバコを吸う人は無意識にセキをしますが、それが無くなりました。本に書いてありましたが、あのセキは異物を出そうとする身体の働きなんだそうです。

●夜眠りやすくなった
夜なかなか眠れないとタバコを吸ってしまい、余計に眠れなくなることがありましたが、良く眠れる様になりました。タバコを吸うと興奮して眠れなくなるのは当たり前なのですが、なかなか眠れない時はつい吸ってしまい、深夜まで眠れないこともありました。

●味覚が敏感になった
これは誰でも感じることだと思います。微妙な味の違いがわかる様になり、味が濃く感じる様になりました。日が経つに従って、何段階か味覚は敏感になります。

●嗅覚が敏感になった
これも誰でも感じることだと思います。特にタバコのにおいははっきりと分かる様になります。味覚と同様に経過と共にだんだんと回復していきます。
いつも愛用しているもののにおいに改めて気がつくことも多くて驚かされます。例えば、コカコーラの香りや毎日食べているパンの小麦の香りを改めて感じることができました。ある時は香水みたいなにおいがするなと思っていたら、自分のつけている整髪料だったこともあります。

●のどの感覚が変わった
例えば、麺類を食べた時等、のどの感触がより感じられる様になりました。のどごしというのでしょうか、以前とはかなり違った感覚です。タバコを吸っていると常時のどが麻痺しているらしいですが、本当にそうです。のどに関しては色々と感じることがありました。

●歯の裏の茶色い汚れが落ちてきた
最近は電動歯ブラシで磨いていますが、かなり汚れが落ちてきました。次回歯医者さんでクリーニングしてもらえばもっときれいになると思います。

●ハグキが成長してきた
これが身体の変化で感じた一番印象的なものです。歯と歯の間のハグキが上の方にあがって来ました。成長が著しいところでは5mmくらいあがっていますし、色もきれいなピンク色をしています。一時的に歯が動いた箇所もありますし、口の中には非常に大きな変化がありました。

●ハグキの色の改善
喫煙者のハグキは赤黒くなっているはずです。禁煙後に本を読んで知りましたが、色素の沈着によるものだそうです。まだ黒ずんでいるところも多いですが、ハグキの上の方の色はきれいになっていますし、時間が経てば口の中全体がきれいになるそうです。

●唇の色
喫煙者は唇の色も赤黒くなるそうです。気のせいかもしれませんが、最近少しはマシになった気もします。時間が経てば、普通の人と同じ様な色に戻るそうです。

●舌の色の改善
舌の色は早い段階できれいになっているのに気が付きました。

●口臭が無くなった
これも早い段階で改善したのが分かりました。タバコの臭いは自分では分かりませんが、それもなくなっているはずです。

●口の中に清潔感を感じる様になった
今ではそれが普通なので分かりませんが、禁煙初期の段階では強く感じました。

●体重が増えた
自分はいくら食べても体重が増えることはないと思っていましたが、人生ではじめて太りました。ウェストは3cmは増えました。タバコを吸うと代謝が良くなるらしいですし、はっきり分かるほど心臓の動きも早くなりますので、余分なエネルギーを使っていたのが無くなったからでしょうか。

いつもと同程度の食事をしていましたし、トマトジュースやビタミンCが取れる様な健康的な飲み物は意識して採る様にしていましたが、タバコの代わりにアメやガムは使っていませんでしたので、禁煙による影響だと思います。本によると、体重の増加は一時的なものだそうです。

●髪の毛の手触りが良くなった(気がする)
私には髪の毛の悩みはないのですが、手で触ったときの髪の毛の感触が良くなっていると感じた時が何日かありました。ある本に載っていた話で、髪の毛が増えてきたという話が載っていましたので、なにか関係があるのかもしれません。

●手のひらの感じがかわった
手のひらが健康そうになりました。冬になると毎年荒れていたのが今年はありませんし、見た目もすごくきれいな色をしています。禁煙すると肌がツヤツヤになると良く言われますが、肌の変化は感じませんでした。女性なら敏感に感じ取れるのかもしれませんが、私には分かりませんでした。

●目薬をささなくても良くなった
夜は毎日といって良い程目薬をさしていましたが、気が付いたら必要なくなっていました。なぜなのか理由は分かりませんが、煙が目にしみていたからとかでしょうか。

●指のにおいがなくなった
以前は指についた煙のにおいを感じることがありました。良い香りに感じる時もあれば、嫌なにおいに感じる時もありました。自分でも分かる程なので、周りの人は迷惑していたのかもしれません。

●鼻の中のにおいがなくなった
指と同じです。自分でも嫌なにおいでした。

●タバコの煙が煙たく感じる
タバコの煙が充満している部屋などかなり煙たく感じます。のどや鼻が回復してきたからかと思いますが、一般の非喫煙者よりもタバコの煙には弱くなり咳き込んだりもします。

●イライラすることがなくなった
そういう気持ちは全くなくなりました。タバコを吸うとイライラ感が解消すると思っていましたが、タバコが起こしていたことだというのを痛感します。

●いつも落ち着いた気持ちでいられる
気持ちの波の様なものが無くなりました。今ならそれがニコチン切れの禁断症状だったということが分かります。
ニコチンは時間と共に減少し、30分程度で身体の中のニコチン量が半分になるそうです。ですので、平均的な喫煙者は30分毎に喫煙をしてしまうらしいのです。タバコを吸い終わった直後から禁断症状がはじまり、時間が経過するに従いがまんができなくなり、喫煙するという仕組みです。

●集中力が落ちなくなった
これも禁断症状ですね。吸わなくなってからはずっと100%に近い集中力がなんの努力もなく持続できている感じがします。タバコを吸っていた頃は確かに時間の経過と共に集中力が落ちていました。長い会議や講演に集中できる訳ないですよね。しょっちゅう禁断症状を感じている訳ですから。

●記憶力が良くなった
記憶力も実感できる程良くなりました。いつも次に吸うタバコのことが意識にあったせいかもしれません。脳に行く酸素が増えたからというのもあるんでしょうか。

●自分に自信が持てる様になった
禁断症状の影響が無くなった影響が非常に大きいです。例えば、嫌な電話をしなければならない時などはタバコを吸ってから電話していましたし、可能であれば吸いながら電話していました。ニコチン切れの状態でそんなストレスにはとても耐えられないと思っていましたが、逆でしたね。今ではタバコが自信を奪っていたのだと分かります。

●やる気を感じる様になった
やる気も感じる様になりました。30分毎の喫煙行為もやる気を殺いでいたとも考えられます。なにをやるにしてもタバコを吸ってから、なにかひとつやり終えたらタバコでしたから。

●不安感を感じなくなった
タバコに関係する不安って考えてみると色々とあります。身体への影響も心配ですし、私は残りの本数をしょっちゅう気にしていました。外出先では次はいつタバコが吸えるのかという不安もありましたね。
私はずっと、もし警察に捕まって取り調べを受ける様なことになったらどうしようと考えていました。タバコは吸えなさそうですし、禁断症状で変になって身に覚えのないことでもしゃべってしまうんじゃないかと変なことを心配していました。


身の回りの変化


直接身体に起こったこと以外の変化についてまとめています。

●30分毎にタバコを吸わなくて良くなった
当たり前ですが、吸わなくても良いんです。ここから派生する影響はすごく大きいです。

●生活のパターンが変わる
以前はなによりもタバコが大事と思っていて、タバコ中心に物事を考えてもいました。それが無くなった訳ですので、かなりの変化があります。最初は慣れが必要でしたね。

●時間が増えた
時間がやたらと増え、1日が長く感じます。毎日忙しいと思っている人は、タバコをやめると使える時間が増えることは間違いありません。最初の内は時間があまりすぎて困った程です。1日の内2時間もタバコに費やしていた訳ですから当たり前ですね。

●暇つぶしができなくなった
1本あたり5分くらい時間がつぶせた訳ですので、最初はどうしたら良いのか戸惑いもありました。普通の人はこんな時どうするのかというと、なにもしないそうです。この「なにもしない」というのはなんの本に載っていたのか忘れましたが、重要な考え方だと思います。私はこの言葉にずいぶん助けられました。

●連続して活動できる時間が増えた
喫煙者は30分の時間制限がある訳ですので、どんな時でもしょっちゅう喫煙する必要があります。
例えば休日に出かけたとしても、時々喫煙コーナー等に行く必要がある訳です。自由に吸うことができない様な状況では、タバコのことばかりを考えてイライラしてしまいます。こういった状況ですから、せっかくの休日も、タバコの為に100%楽しめてはいなかったのです。これには自分でも薄々気がついてはいましたが、タバコを優先してしまっていました。

●食べ物にさわれる様になった
指がタバコで汚れている訳ですので、食べ物に直接触るのを避ける様な場合もありましたが、今では料理もできるくらいです。

●コンビニエンスストアに行かなくなった
タスポは持っていませんでしたので、タバコはコンビニで買ってました。コンビニに行く必要がなくなったので、余分なお金は使わなくて良くなりましたが、店の売り上げは落ちるかもしれませんね。

●ベランダに出なくなった
今の部屋に引っ越してからはベランダで吸っていました。部屋を汚したくないという理由からですが、以前は雨の日も寒い日もベランダに出て吸っていました。
部屋の中で吸っていた方ならもっと沢山変化があるのではないでしょうか。

●隣近所に迷惑をかける心配がなくなった
マンションなのでベランダで吸っていても、煙が周りに流れていくのではないかと心配していました。窓をびしっと閉める音が聞こえたりすると、自分のタバコの煙のせいではないかと思い、肩身の狭い思いをしていましたが、もうそんな事を気にする必要はなくなりました。

●歯みがきが楽しくなった
何ヶ月か前に電動歯ブラシを買ってから、歯みがきは楽しかったのですが、禁煙後はさらに楽しくなりました。
離脱期間中の歯みがきは吸いたい気持ちを抑える為の有効な手段ですので、これから禁煙を考えている方は電動歯ブラシを試してみるのも良いかもしれません。

●人に気兼ねなく近づける様になった
タバコのにおいがするのではないかと思い、人に近づくのに遠慮がありましたが、吸わなくなってからはそんなことはなくなりました。タバコを吸った直後は、少しでもにおいがしない様に、肺の中の空気を何度も吐き出したりということもしていました。

●喫煙者に対する見方が変わる
禁煙後は喫煙者に対する見かたが変わりました。憐れみの様なものさえ感じるシーンも目にしたことがありますが、無理に禁煙を勧めようとはしないことにしています。禁煙に関して意見等を求められれば、丁寧に対応するつもりです。

●周りに迷惑をかけていたことに気付く
自分が非喫煙者の立場になってみると、においと煙で迷惑を掛けていたことには誰でも気が付くことだと思います。禁煙関係の本を読むと健康面でも周りに迷惑を掛けていたのが分かります。周りの人に毒を吸わせていたかと思うと、申し訳ない気持ちにもなります。

●タバコの事を考えなくても良くなった
喫煙者にとって、次はいつ吸えるのかということがなによりも重要です。外出している時などは特に常にタバコのことを念頭において考えなければなりませんでした。

●残りの本数を気にする必要がなくなった
以前の私にはタバコが無くなるという状況は最悪の事態でした。無くなってから買いに行けば良いという人も中にはいらっしゃる様ですが、私にはとても耐えられませんでした。ですので、いつも自宅には予備を用意していましたし、旅行に行くときはいつも吸っている銘柄が買えないと困りますので、日数分のタバコやライターの予備を用意していました。

●タバコとライターを持って歩く必要がなくなった
身軽になりました。今までは外出する際はタバコとライターは必ず持って出なければなりませんでしたので、ポケットにタバコが入る様な服にしたり、タバコの為だけに必要の無いかばんを持って出たりしていたのですが、そんなこともなくなりました。

●火事になることを心配しなくて良くなった
心配性なので、出かける時は何度も灰皿を何度も確認していました。一旦外に出てから引き返して灰皿をチェックするなどということもありました。

●身体を動かす様になった
ちょっと太ったからというのがきっかけで運動する様になりました。運動といってもゲーム機のWiiで遊ぶくらいですが、見た目に変化が分かる程身体がしまってきました。


以上です。色々と書いていますが、こういった変化はすぐに忘れてしまいます。この記事もメモを見ながら書いたのですが、こんな事があったのかと思い出しながら書いています。
これまでの経緯に興味をお持ちの方がいらっしゃいましたら、タバコと禁煙のリンクからご覧いただければと思います。

スポンサードリンク


コメント

たばこはよくないですよね やめます  

進 様

こんにちは。コメントありがとうございます。

タバコは良くないですね。吸っているときはなにがあっても一生吸い続けると思っていましたが、本などを読んで周囲への影響などが分かってくるとよくあんなもの吸ってたなぁという考えに変わりました。
一旦やめることはできても、1本吸ってしまうと元に戻ってしまうんですよね。それさえ気をつければやめられると思います。健闘を祈ります。

コメントの投稿

この記事に対するご意見・ご感想を募集しています。
コメント内容のみ必須入力です。それ以外は任意でご入力ください。















管理者にだけ表示を許可する(再編集はできません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://zze128.blog9.fc2.com/tb.php/221-df4f1081

無事に一年終了

今年もタバコを吸わずに過ごすことができた [ニコニコ/]その代わりに夢で 30箱くらい吸ったような気がするが [汗/]もう極度の禁断症状がある訳はないので、うっかりと油断してしまわなければ二度と吸うこ...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。