#156 はやぶさのプラモデルが完成しました 

はやぶさのプラモデルが完成しましたので、少し紹介してみたいと思います。

小惑星探査機 はやぶさ 特別メッキ版(1/32 スペースクラフト No.SP)【Amazon.co.jp限定販売】小惑星探査機 はやぶさ 特別メッキ版 (1/32スペースクラフト No.SP)【Amazon.co.jp限定販売】
2010/09/29 発売
青島文化教材社


上のリンクから商品のページに移動することができますが、今はアマゾン自体は販売していません。他の業者から購入できますが、値段は高いです。元々の値段は2,940円でした。


組み立て
パーツ数は少ないのですが、メッキをはがさなければならないのが面倒でした。
このプラモデルは、接着剤を使う昔ながらのプラモデルで、パーツをひとつひとつ仕上げながら組み立てて行くタイプのプラモデルです。ですので、最近の簡単なプラモデルに慣れている方には面倒に感じるかもしれません。
部品点数は少ないので、作るだけなら簡単なのですが、メッキ加工がされている為に接着がかなり面倒です。

私は本体や太陽電池パドル等の主要なパーツはメッキをはがして接着剤で接着し、スラスター等のちいさい部品は瞬間接着剤で接着しました。瞬間接着剤で作る方が簡単だと思いますが、強度的には弱くなると思います。

接着面を削って整える必要がありますので、デザインナイフは必須だと思います。メッキを削るのも私はデザインナイフで行いました。

太陽電池パドルはシールになっていて、ビニール状のしっかりした素材で、貼りなおすこともできますので、扱いやすかったです。見る角度によっては安っぽくもみえますが、光の加減によっては本物の太陽電池らしくも見えます。


組み立てに必要なもの
はやぶさのプラモデルは、普段模型を作らない方や、全くの初心者の方も興味をもっていらっしゃる様ですので、組み立てに必要なものを簡単に紹介します。

接着剤
接着剤は付属していませんので、別途購入する必要があります。プラモデル用接着剤か瞬間接着剤のどちらかを使います。私は両方併用しました。
プラモデル用接着剤を使う時は、メッキをはがす必要があります。
タミヤセメント(角びん)

瞬間接着剤
プラモデルを作るのがはじめてという方には、このプラモデルに関しては瞬間接着剤の使用をお勧めします。
このモデルは、メッキされていますので、瞬間接着剤で作った方が簡単です。ただし、メッキの上から接着しますので、接着強度は弱くなります。
大きなパーツの接着には硬化速度が遅いゼリー状のものが向いていると思います。写真はタミヤの瞬間接着剤(ゼリータイプ)です。
タミヤ瞬間接着剤(ゼリータイプ)

ニッパー
ランナー(枠)から部品を切り離すのに使用します。あれば便利な道具ですが、少々値段が高いです。ツメキリでも代用できますので、特になくても良いと思います。
クラフトツールシリーズ No.1 精密ニッパー

デザインナイフ
精密な加工ができるナイフです。このプラモデルを作る時には絶対にあった方が良いと思います。接着面を削って整える必要がありますので、普通のカッターナイフでは無理がありますし、危険だと思います。
デザインナイフはメッキをはがすのにも便利です。
クラフトツールシリーズ No.20 デザインナイフ [新価格] 74020

ピンセット
スラスターの様なちいさい部品を扱う時にあれば便利ですが、なくても作れますし、慣れていなければ扱いは難しいかもしれません。
クラフトツール 精密ピンセット(ツル首タイプ) 74047


完成写真
完成した写真も掲載しておきます。未改造、未塗装の状態です。

メッキされているので十分はやぶさにみえます。
はやぶさ完成品

光の具合で太陽電池パドルの色合いが変化します。
はやぶさ完成品

はやぶさ完成品

太陽電池パドル裏面をミネルバ風に撮影してみました。
はやぶさ完成品

台座のイトカワにくっついているのがミネルバです。
はやぶさ完成品

はやぶさ完成品

はやぶさ完成品

関連記事
#152 はやぶさのプラモデルが届きました(Amazon限定メッキ版)

スポンサードリンク


コメント

コメントの投稿

この記事に対するご意見・ご感想を募集しています。
コメント内容のみ必須入力です。それ以外は任意でご入力ください。











管理者にだけ表示を許可する(再編集はできません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://zze128.blog9.fc2.com/tb.php/204-c3d5882d