#17 OperaでMSVCR71.dllが見つからない旨のメッセージを表示する場合がある 

Operaで特定のページを閲覧しようとした時に次のメッセージを表示する場合がある。
>MSVCR71.dllが見つからなかったため、このアプリケーションを開始できませんでした。

MSVCR71

MSVCR71.dllは、VC++のランタイムとのこと。
大抵なにかのソフトと一緒にインストール済みのはずなので、Cドライブ配下を検索すれば出てくる。
これをOperaのインストールフォルダ(C:\Program Files\Opera)にコピーしてやれば良い。


-追記-
この文書を閲覧されている方が多い様ですので、少し補足しておきます。
私が試した限りではこの現象は、XP,Vistaに関わらず必ず発生しました。
別件で、Vista、XP共に何度かOSのインストールから行いましたが、この現象が発生しました。
原因ははっきりしませんが、以前はこの様なことはありませんでしたので、OperaかJAVAまたはWindows Update等の仕様変更が原因かも知れません。
MSVCR71.dllはJavaがインストールしてあれば、次の場所にあると思います。
C:\Program Files\Java\jre6\bin


-追記- 2010/02/01
マイクロソフトの情報によれば、MSVCR71.dllはプログラムと同じフォルダにコピーして使用する様にとのことでした。システムフォルダ(c:\windows\system32等)へはコピーしてはならないそうです。
このファイルにはバージョンが異なるものがいくつかありますので、システムフォルダにコピーすると影響があるからだと思います。
対処方法としては自分でファイルを探して問題の発生しているプログラムのフォルダにコピーしてやるしかなさそうですが、上の方で書いた様にCドライブ配下を探せば出てくると思います。

ネット上の情報ではどこかのサイトからこのファイルを取ってくれば良いという記述も見受けられました。
良くわからないサイトからダウンロードするのは不安ですので、安全な入手先も記載しておきます。
SunのJavaの中にMSVCR71.dllが入っています。JavaをインストールすればMSVCR71.dllもコピーされるはずですので、先に記載したフォルダからコピーすることができます。
※多くの場合、Javaはコンピュータにインストール済みだと思います。

圧縮ファイルの知識があれば、ダウンロードしたファイルからMSVCR71.dllを抜き出すということもできます。
オフライン形式のexeはcab形式で開くことができました。その中にzip形式でMSVCR71.dllが格納されています。
http://java.com/ja/download/

あまり参考にはなりませんが、マイクロソフトへのリンクを掲載しておきます。
http://msdn.microsoft.com/ja-jp/library/abx4dbyh(VS.71).aspx
http://support.microsoft.com/kb/937301/ja

スポンサードリンク


コメント

コメントの投稿

この記事に対するご意見・ご感想を募集しています。
コメント内容のみ必須入力です。それ以外は任意でご入力ください。











管理者にだけ表示を許可する(再編集はできません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://zze128.blog9.fc2.com/tb.php/19-5bfd5535