スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサードリンク


  • [--/--/--]
  • コメント(-) |
  • URL |
  • HOME

#134 NHK BS-hi スターウォーズの画質は期待した程ではなかったです 

先日NHK BS-hiで放送していたスターウォーズを見ました。
ブルーレイDIGAに録画してエピソード1~4まで見ましたが、画質が期待した程きれいではありませんでした。
気になってDVDとも比較してみましたが、個人的にはDVD並み程度の画質と思えました。
解像感もそうですが、シーンによっては映像がぶれて見えました。特にエピソード4が顕著で、ライトセイバーや爆発シーンなどの光学処理を多用したシーンでそう感じました。
DRモードで録っているので放送そのままの画質だと思うのですが、レコーダーの性能なんですかね。
昔BS-hiで放送した2001年宇宙の旅は、ブルーレイを超える程きれいな画質だったという評判なので、今回の放送にはかなり期待していたのですが残念です。

こうやって、最近のCGで構成された作品と古い特撮時代の作品を見比べてみると、やはり昔の映像の方が迫力があります。CGだと嘘だとわかってしまいますが、昔の特撮は本物っくみえます。帰ってきたウルトラマンのマットアローの映像なんかは見ていてかっこいいと思いますが、エピソード1~3の戦闘機のシーンを見てもそうは思いません。
自分が昔の特撮世代の人間だからそう思うんでしょうか。最近のCGから入った人はまた違って見えるのかな。

-追記-
エピソード5の画質は4に比べるとまだ良かったです。ライトセイバーのシーンもぶれることはなかったのですが、代わりに普通のシーンで違和感を感じる所が何箇所かありました。
NHKの特設サイトを見てみると、デジタル・リマスターした最新のHDマスター、テレビ放送としては、これまででもっとも高画質・高音質と画質には力を入れている様に書かれていました。確かに絵はきれいなんですが、これが最高にきれいなHD画質なのかといわれれば私はそうは思いませんでした。
>http://www.nhk.or.jp/starwars/program/index.html

-追記2-
映像がぶれて見えたのは、DIGAの性能ではないかと思います。画面全体に渡って光が点滅するような表示はうちのDIGAは苦手なようです。例えば、アニメの雷の表現など少しおかしいように感じます。

スポンサードリンク


コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: タイトルなし

DIGAのアナログ放送って、ここ最近の機種は高画質化機能が省略されているからきれいにみえないのではないしょうか。
もうすぐデジタルに移行するのでアナログは一応対応していますとった程度の機能で、画質を良くする為の機能はついてませんし、実際きれいではないですよね。たしかチューナーのゴーストリダクションさえもついていないのではないでしょうか

一応書いておきますと、スターウォーズはBS-hiのデジタルを録画したものです。最近のCGで表現された映画の特撮シーンって全然見る価値ないです。昔の映画はあんなに迫力があるのになぜなんだろう。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: タイトルなし

先のコメントに書いた”見る価値ない”っていうのは表現を誤りました。
最近のCGを使った映画と昔の映画の特撮シーンを比べると、昔の映画の特撮シーンの方がすごい映像に見えるといった意味です。

昔の特撮は実際のモノを映している訳ですからある意味本物なのですが、CGはやっぱりニセモノってことなのかなと最近良く考えます。そのシーンを作る為のパワーのかけ方が違うのかも。

コメントの投稿

この記事に対するご意見・ご感想を募集しています。
コメント内容のみ必須入力です。それ以外は任意でご入力ください。











管理者にだけ表示を許可する(再編集はできません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://zze128.blog9.fc2.com/tb.php/176-80592fbe

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。