#132 音波振動 歯ブラシ・ドルツ(Doltz)の選び方 

今回もパナソニックの電動歯ブラシ・ドルツについて書いてみます。
先日、友人にドルツを勧めた所、非常に喜んでもらえました。使ってみると、今までの歯磨きの概念がひっくりかえる程の衝撃を受けたそうです。確かにそのくらいのインパクトがある製品ですが、なぜもっと流行らないのか不思議です。
何人かに勧めたのですが、決まってどれがいいの?と言われます。確かに種類が多くてどれが良いのか迷ってしまいます。パナソニックのサイトがもっと分かりやすければ良いのですが、あれではちょっと分かり難いと思います。そこで今回はドルツの選び方について書いてみました。
但し、自分ではドルツ リニアEW-LA20が一番良いと思っていますので、それを基準にして各モデルについて記載しています。
※画像はAmazonにリンクしています。実売価格はAmazonの執筆時点での価格です。

<ドルツは大きく分けて4種類>
ドルツには次の4種類があります。他に水流タイプとステインクリーナーというのもありますが、基本はこの4つです。
・ドルツ リニア
 据え置き型ドルツの基本的なモデル。この機種を基準に選ぶと良いと思います。
・ドルツ イオン
 ドルツリニアにイオン機能を追加したドルツの最上位グレード。
 身体に微弱な電気を通しますので、購入の際は注意が必要です。
・ドルツ スリム
 軽量、スリムタイプのドルツ。
 携帯性を意識したドルツですが、据え置き機としても使えます。
・ポケット ドルツ
 携帯に特化したモデル。
 この機種のみ自分である程度ブラッシングする必要があります。
・ステインオフ ドルツ(新製品)
 女性向きのドルツで、通常の歯磨きの他ステインのケアもできるモデル。


ドルツは単に色や形が違うだけではなく、機種によって性能が異なりますので、購入の際は違いを良く検討していただきたいと思います。


<ドルツ リニア>
これがドルツの基本的なグレードです。値段も比較的安いですし、迷ったらこれを選ぶと良いと思います。
ラインアップは全3機種で、歯を磨く性能は3機種意共に同じです。
特にEW-LA20, EW-LA25は性能はまったく同じで本体色と付属しているブラシが異なるだけです。
EW-LA30ははぐきをマッサージするマッサージモードがあるのと、マッサージ用のシリコンブラシが付属しています。

私が使っているのは、この機種のLA20です。選んだポイントはリニアモーター採用ということとバス磨きができるということです。実際の動きは毛先だけが高速に振動する感じで、手みがきの動かし方に近い感じで磨くことができますから、歯と歯ぐきにやさしそうに思います。
使った感じとしては、本体が少し重く慣れるまでは少し時間がかかりましたが、慣れてしまえば気にならなくなります。替えブラシの種類が豊富な所も特徴ですが、ブラシは差込式で交換には少し力が必要です。
ブラシも良くできていて、ブラシ中央部分がスプリングを内臓したフロート式になっているので毛先が歯の隙間に入りやすい様に工夫されています(ドルツ イオンは別のブラシでフロート機構はありません)

Panasonic ドルツリニア 音波振動ハブラシ 黒 EW-LA20-K Panasonic ドルツリニア 音波振動ハブラシ ピンク EW-LA25-P Panasonic ドルツリニア 音波振動ハブラシ 白 EW-LA30-W
品番 ドルツリニア EW-LA20 ドルツリニア EW-LA25 ドルツリニア EW-LA30
実売価格 6,678円 6,904円 7,380円
特徴 ブラシは標準的な硬さ ソフトタイプのブラシが付属 標準的な硬さのブラシ、マッサージ用ブラシが付属
はぐきのマッサージ専用モードがある
歯磨き性能 3機種とも歯磨きの性能に関しては同じです。
リニア駆動、振動数28,500、上下0.9mm幅の往復運動(バス磨き)
おすすめポイント ドルツの基本的なモデル。迷ったらこの機種でOKです。 やわらかめのブラシが良いという方やデリケートな歯ぐきの方にお勧めします。 はぐきのマッサージもしたいという方に。
マッサージ専用モードを備えるのはこの機種だけですが、他機種でもブラシを用意すればマッサージは可能です。


<ドルツ イオン>
磨く性能は先に紹介したドルツリニアと同等ですが、それにイオン機能を付加したモデルです。
イオンの力で歯垢除去率をアップできるそうですが、個人的にはイオン機能は必要ないと思います。
ドルツ リニアでもすごくきれいになりますから、あれ以上のものが必要なのかということと、身体に微弱な電気を流しますので人によっては合わない場合があるからです。
値段も高くなりますし、購入の際は事前に良く検討していただければと思います。
リニアに無い機能として、充電催促ランプや充電が完了したことを知らせてくれる機能があります。また、ブラシが4本立てられるスタンドが付属しています(リニアは充電器と一体型でブラシ2本まで)。

イオンタイプの使用に際しては注意事項がいくつかありましたのでQ&Aの情報を記載しておきます。
次に該当する方は医師に相談のうえ使用する様にとのことです。
>心臓疾患の人、今までに重い病気をした人、急性疾患の人、有熱性疾患の人、血圧異常の人、感染性症疾患の人、悪性腫瘍の人、血友病疾患の方。アレルギー体質の人、金属等でかぶれた経験のある方。

次のケースは使用してはならないとあります。
>妊娠中及び産後1ヶ月以内。ペースメーカーを使用している方。

また、イオンの関係ですっぱい味やビリビリ感を感じることがあるそうです。
使ってみてイオンが合わないという場合は、イオン非対応のブラシに交換すればイオン機能は働かなくなります。

イオンタイプを購入される際は事前にQ&Aや取り扱い説明書をご覧になることをお勧めします。
Panasonic オーラルケア > よくあるご質問
ドルツ イオン EW-DE40 取扱説明書

Panasonic ドルツイオン 音波振動ハブラシ 青 EW-DE20-A Panasonic ドルツイオン 音波振動ハブラシ ゴールド調 EW-DE40-N
品番 ドルツイオン EW-DE20 ドルツイオン EW-DE40
実売価格 11,781円 12,441円
特徴 ブラシ2種類付属(標準、ソフト) ブラシ2種類(標準、ソフト)+マッサージ用ブラシ付属
はぐきのマッサージ専用モードがある
携帯ケース付属
歯磨き性能 2機種とも歯磨きの性能に関しては同じです。
リニア駆動、振動数28,500、上下0.9mm幅の往復運動(バス磨き)。
おすすめポイント DE40との違いは、マッサージモードが無い所です。
ネットでの価格はDE40とあまり変わりません。
ドルツの中で一番値段が高いのがこの機種です。
とりあえず、一番良いのが欲しいという方やはぐきのマッサージをしたい方にお勧めします。


<ドルツ スリム>
この機種は携帯性も重視したモデルで、据え置き用としても携帯用としても使えると思います。
見た目のデザインも良く、非常に軽く作られているのが特徴です。重さはリニア、イオンが130gなのに対し、スリムは50gしかありません。本体もかなり細身なので、普通の歯ブラシに近い感じで磨けそうです。
見た感じで気になったのは、ブラシのネック部分がかなり太いことです。ヘッドは小さいですが、ネック部分がかなり太めです。リニア、イオンはネックが普通の歯ブラシ並みに細いので、リニアを使っている私から見ると使いにくいのではないかという気はしました。
振動はリニア、イオンの様なバス磨きではなくブラシが細かい範囲で振動運動をするタイプの様です。実際に動かしてみましたが、ブラシのプラスティック部分の振動がわずかにプルプル震えていました。リニアやイオンのようにブラシヘッドが動くのではなく、毛先だけが振動する様な感じです。
磨く性能でいうと、リニア、イオンの方が上だと思いますので、特に理由がない限りこの機種を選択する意味はないと思います。

スリムに向いているのは次の様な方でしょうか。
・携帯用として使用したい方
・重いのが苦手な方
・手元の振動が苦手な方(スリムも振動はありますが本体が軽いので持ちやすそうです)
・細身の本体が好みの方(ペングリップで持ちたい方)
・乾電池式が良いという方(EW-SA10)
・デザインが気に入った方

他に気になった点としては、替えブラシのラインアップが少ないということと、常時充電が必要ということです。
リニア、イオンも常時充電方式なのですが、この機種の場合説明書に常時充電を推奨する旨が明記されています。
※稼動時間はリニア、イオンが60分、スリムは30分。
私の場合、リニアは1週間に1度の充電で使用していますが、スリムは常時充電をするかもっと短い間隔で充電する必要があると思います。
ブラシの交換はくるっと回すだけで良く、しっかりと差し込むタイプのリニアより楽にできます。乾電池式のSA10の電池の蓋は案外簡単な作りで、防水は大丈夫かなという感じを受けました。
Panasonic ドルツスリム 音波振動ハブラシ ピンク EW-SA10-P Panasonic ドルツスリム 音波振動ハブラシ ピンク EW-SA20-P Panasonic ドルツスリム 音波振動ハブラシ シルバー EW-SA40-S
品番 ドルツ スリム EW-SA10 ドルツ スリム EW-SA20 ドルツ スリム EW-SA40
実売価格 2,507円 3,050円 5,000円
特徴 乾電池式(単4形)の携帯型
ブラシはソフトタイプ、ポイント磨きブラシが付属
このモデルだけ携帯ケースも付属しています
充電式
スリムシリーズではエントリーモデル的な扱い
ブラシはソフトタイプ1本のみ付属
充電式
スリムでは最上位のモデル
ノーマル、ソフトの2種類の磨き感が選べる
ブラシは標準、ソフト、ポイント磨きの3本が付属
歯磨き性能 直径約0.40mmの振動運動、振動数22,000回/分 直径約0.45mmの振動運動、振動数26,000回/分
カラー グリーン、ピンク グリーン、ピンク 青、シルバー
重量 45g(電池含む) 50g 50g
おすすめポイント 乾電池式なので携帯に便利。
磨き性能ではスペックで見る限りSA20、SA30に比べると若干劣ります。
SA40との違いは磨き方が選べないところ。
価格も安いですし、どんなものか試してみたいという方に良いと思います。
ノーマル、ソフトと2種類の磨き方が選べます。


<ポケット ドルツ>
今人気の商品の様で、売り切れている店もあるそうです。先日電気屋を覗いたところ、確かに売り切れていました。
この機種は携帯用に特化したモデルで、蓋をした状態では歯ブラシと分からない様なデザインがされています。
蓋をした時の見た目はきれいですが、蓋を取るとおもちゃみたいな感じもしました。
店頭においてあったものは電池が入っていなくて動作は確認できませんでしたが、電池とキャップ込みで45gだそうなのでかなり軽いと思います。
ブラシのネックはスリムと同様かなり太く全体も短めなので磨きやすさという点ではリニア、イオンに劣ると思います。
特にこのモデルは、歯ブラシの力だけで磨けるものではなく、自分でブラッシングしてやる必要があります(他のモデルは歯に当てるだけで磨けます)
この件に関して、説明書には次の様に記載されています。
>手磨きするように、ハブラシを動かして磨きます。ハブラシを歯にあてるだけでは十分に歯垢を除去できませんので、ハブラシを動かして使用いただくことをおすすめします。

携帯用モデルですので、磨く性能もそれなりの様ですから、据え置き用として使うのならリニア、イオンをお勧めします。尚、使用可能時間は180分(1日1回2分で約3カ月)です。
Panasonic 音波振動ハブラシ ポケットドルツ ブラック EW-DS11-KPanasonic 音波振動ハブラシ ポケットドルツ ピンク EW-DS11-PPanasonic 音波振動ハブラシ ポケットドルツ レッド EW-DS11-R
品番 ポケット ドルツ EW-DS11
実売価格 3,618円
特徴 乾電池式(単4形)の携帯型
携帯性とデザインにすぐれたドルツ
ブラシ1本とキャップが付属
歯磨き性能 約16,000回/分の微細振動
カラー シルバー調、ブラック、オレンジ、ピンク、レッド
おすすめポイント 携帯用としてお勧めします


<ステインオフ ドルツ>
2010年9月21日発売の新製品。
ステインオフという名前が強調されていますが、普通の歯磨きに加えステイン(着色よごれ)のケアもできるという製品です。
デザイン等を見ると、完全に女性を意識したモデルになっています。
スペックとしてはリニア駆動、バス磨きとリニア、イオンに近い仕様ですが、本体の重量が10g軽くなっています。
磨き方(振動数)を変えている様で、ステインオフは20,000回/分。リニア、イオンは28,500/分です。
特に情報はありませんでしたが、振動数がかなり落ちているので、もしかすると音も小さめになっているかもしれません。
磨き方はリニア、イオンと同様のバス磨きですが、振動の幅は1.2mm幅に変更されていました(リニア、イオンは0.9mm幅)。
本体のサイズは従来モデルのリニア、イオンとほとんど同じ様です。高さが2cm短くなっていますが、ホームページ記載の高さはブラシを取り付け充電器に置いた際のサイズなので、本体サイズが小さくなっているのかどうかは分かりません。直径の記載はありましたが、リニアとほぼ同じがほんの少しステインオフの方が大きい様です。
重さは10g軽くなっていました。
稼働時間は従来モデルと同じ60分ですが、充電時間が8時間に短縮されていました。
気になったのは、替え歯ブラシの互換が無くなっているものがある点で、カーブフロートブラシ、マルチキャッチブラシ等は非対応でした。

Panasonic 音波振動ハブラシ ステインオフ ドルツ ビビッドピンク EW-DL21-VP Panasonic 音波振動ハブラシ ステインオフ ドルツ ピンク EW-DL21-P Panasonic 音波振動ハブラシ ステインオフ ドルツ 白 EW-DL21-W
品番 ステインオフ ドルツ EW-DL21
実売価格 8,389円
特徴 ステイン(着色よごれ)もケアできるドルツ
デザイン、スペック共に女性向けを意識したモデルです
ステインケアアタッチメント、 ダブルエッジブラシソフト、 ステインクリーンペーストが付属
歯磨き性能 リニア駆動、振動数20,000、上下1.2mm幅の往復運動(バス磨き)
カラー ビビッドピンク、ピンク、白
おすすめポイント デザインやカラー、専用のダブルエッジブラシ、スペック等、完全に女性向けに設計されたドルツです。
磨き方のスペックはかなり変えていて、振動数が控えめになっています。
新型のダブルエッジブラシ・ソフトはヘッドがラバーコーティングされ、ブラシのヘッドがあたった時の違和感を軽減する工夫もみられます。
従来のブラシとは互換がないものがあり、カーブフロートブラシ、マルキャッチブラシ等は対応しない。

参考になるサイト
パナソニック 音波振動ブラシ一覧(一部旧モデルも掲載されています)
パナソニック 音波振動ハブラシ機能一覧(機能比較表)
Panasonic オーラルケア > よくあるご質問
パナソニック・オーラルケアサイト
手磨き vs Doltz

関連記事
#131 音波振動歯ブラシ・ドルツで歯にどれだけ負担がかかるのか実験してみました
#124 電動歯ブラシ Doltz(ドルツ)を買いました


-2011年6月3日追記-
ドルツは2011年4月に新機種が発売になりました。このページに掲載している機種は一部を除き生産終了となっています。

スポンサードリンク


コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: ナショナルとドルツ

メラミン 様

こんにちは。たくさんのコメントありがとうございます。
EW-LA20を使っていますが、電池のパワーは充電直後も電池切れ間際もパワー感はまったく同じで変わらない様に思います。
充電していないと突然パワーダウンして電源が切れる感じで、電池が弱ってきたことは気がつきませんね。
EW-LA20とEW-LA30は本体が少し違うので、なにかが違うんでしょうかね。

ドルツは4月に新型がでるみたいです。フロスではないですが、歯間ブラシが使えるみたいです。
http://ctlg.panasonic.jp/product/info.do?pg=04&hb=EW0945

Re: タイトルなし

ドルツはドルツリニアEW-LA20を使っています。
イオンはいらないと思うんです。使ったことはないんですが、身体に電気を通すのは抵抗がありますし、イオンのないリニアで十分きれいになりますから。

替えブラシは5種類試しました。標準のカーブフロートブラシの他、ベーシックブラシ、マルチキャッチブラシ、ポイント磨きブラシ、舌クリーニングブラシを試しました。
ポイント磨きブラシは人によってははまるかもしれませんね。友人はスリーアングルブラシがすごく良いと言ってました。ブラシが3つついているやつです。

ドルツは4月に新型が出る様です。振動幅が従来の0.9mmから1.5mmと大きくなってました。幅はちいさい方が歯にやさしそうに思うんですが、みがく感覚(刺激など)を重視したのでしょうか?

Re: ナショナルとドルツ

プリニアスリムというのは歯医者さん仕様のドルツなんでしょうか。
プリニアスリムのSSモードはドルツでいうところのマッサージモードを仕様変更している様に思えますし、微妙に仕様を変えている様に思いました。

先のコメントで書いたパワー感と電池の関係ですが、私はソフトモードは使いませんので電池の充電具合によるパワーの違いを感じないのかもしれません。

そういえばこの記事を書いた理由を思い出しました。当時ドルツは機種が何種類もあってWebサイトを見ても違いが良く分かりませんでした。ドルツを選ぶ方に少しでも参考になればと考えてのことでしたが、お役に立てた様で良かったです。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: タイトルなし

私はパワフルモードしか使っていません。ためしに先ほどソフトモードで磨きましたが、なんだかものたりない感じがしました。
ソフトモードに慣れていないからそう感じたのだと思いますが、パワフルモードが普通のモードだそうなので、そちらの方が良くみがけるのではないかと思っています。パワフルモードをあまり使ったことがないのでしたら、しばらく試しみても良いかもしれませんね。

スリーアングルブラシですが、LA30, LA20では手元での振動が大きい為に勧められないとされています。非対応とはされていないので一応は使えるという感じだと思います。

替えブラシの表コピーしておくべきでした。
LA30ですっかり使えるとばかり、ご指摘いただきよかったです。
ステインオフDL-21では使えたらしいのでパナで注意書きがわざわざされているLA30で買って無駄にならなくてよかった。


わたしはドルツスリムもあっていいかなと思っていたら国内産ではなく、2代目購入のパワーハブラシ(電動歯ブラシ)はタイ製でした。
ON OFF電源でつまみのものは音波振動歯ブラシでもタイ製。
替えブラシはどれもタイ製。

また、ドルツリニア以上とドルツスリムの大きな違い。
スリムがリニア駆動と書いていないことです。
次買うとしたらステインオフが候補(回転数で選びました)。
スピーディモード ○
ソフトモード ○
ステインケアモード○
カーブフロートブラシなどが対応していないのはすこし残念な点。

Re: 替えブラシ等について

替ブラシの一覧はこちらで確認できます。
http://panasonic.jp/teeth/pdf/dental_cear_kaeburashi.pdf

念のため補足しておきますが、スリーアングルブラシはLA30で使えないという訳ではありません。
公式には手元での振動が大きくなるのでお勧めできないという扱いですが、LA20で使っている方に聞いたところでは問題なく使えるそうです。

スリムはリニアモーターではありませんし、リニアとスリムでは振動の仕方も異なります。
リニア以上はバス磨き(上下の往復振動)ですが、スリムは首を振る様な動きをするタイプです。電気屋さんで実際にスリムを動かしてみたことがあるのですが、以前書いた記事によるとブラシのヘッドがプルプル動いている様に見えたと書かれています。振動の仕方が違うのですから、磨いた時の感じ方などにも違いがあるのではないかと思います。

私としてはドルツ・ジェットウォッシャーが良いんじゃないかなと思います。水を使うものなので使う場所やタンク容量の制限もあるので使い方で難しい部分はありそうです。

スリムについて調べる為に以前自分の書いた記事を読み返しましたが、機種ごとの違いが分かりやすくまとまっています。こんなに力を入れて書いているということは、よほどパナソニックのサイトの情報がわかり難かったんですね。

今のところ新しいものを探すよりも
替えブラシを変えて対応します。

ドルツスリムの詳細な情報を教えていただきありがとうございました。

パワーハブラシの替えブラシを買い使うことができました。
古いタイプ(9年前)なので取り付け部分が空洞でちょっと不安がありましたが、細部が綺麗になり、このブラシにカーブが必要ないことがわかりました。回転数はすくないですが、
パワーというだけあってそれは感じません。買ってよかった。

フロート機構の重要さもわかったのでフロートソフトも一緒に使ってみようと思いました。二つを合わせた効果を期待したいです。

パワーハブラシはブラシを買う場所が難しいと感じていたけれど
ヨドバシ(普通の電気屋)で手に入りました。

リニア駆動がないパワーハブラシ(電動歯ブラシ)が思った以上によかったので、ドルツスリム(高機種)はもっと期待します。
柄が短い、ブラシの種類が少ないのは気になるけれど。

一番高い機種もムラウチが3000円。
生産終了だとほんとに安くなりますね

音波振動もだいぶ存在を知らないで過ごしていたもので、
安いものが買えました。

>フロート機構の重要さもわかったのでフロートソフトも一緒に使ってみようと思いました。二つを合わせた効果を期待したいです。

パワーハブラシと音波振動歯ブラシドルツは別物なのでブラシの相互はできません。

Re: パワーハブラシ

メラミン 様

パワーハブラシについて調べてみたのですが、ドルツよりも何世代か前の電動歯ブラシみたいですね。
機種によってバス磨きとスイング磨きが選べたりするらしいですが、型番でいうとどのタイプをお使いですか。

スリムは軽く手元に感じる振動も少ないところが良いと思いましたが、柄の部分が太いのが気になりました。
スリムとリニアではかなり性能がちがう様に思いますので、スリムの方が良いという方もいらっしゃるでしょうね。
もし、スリムを購入されたら感想などお聞かせいただければと思います。

電動歯ブラシは パワーハブラシカーブスピン EW1160を買いました。柄は太くないです。実際にパワーハブラシのそれが不便です。音波は取り付け部分をきれいに保つために柄が太くなっていると感じました。ただ、徐々に小さくはなっているとおもいました。

イオンのEW-DE21が発売されてからドルツスリムの購入も考えたいと思います。(EW-DE21などのドルツイオンはスリムの替えブラシがつかえます。)
ソフマップのスペックでリニアは男性用のステインオフドルツのようでした。

今は、①ポイント磨き②リニアのパワフルモード、③ソフトモードと順番に利用しています。リニアをパワーハブラシにしたり、
パナのモニターサイトにも同じように書いてあったのでその順番で
磨いています。今度検診の時は、歯科衛生士さんに直接指導してもらいたいと思います。

http://panasonic.jp/beauty/style/smile/step02_1.html

Re: 新型ドルツなど

パワーハブラシカーブスピンEW1160は丸型のブラシなんですね。丸いブラシは回転するんでしょうか。どんな構造になっているのか気になります。

新型ドルツですが、パナソニックのサイトを見ますとメラミンさんのおっしゃる通りイオンの替えブラシの中に「スリム用山切りブラシ」がありました。
スリムのブラシは取り付け部分の構造が全く違いますが共通で使えるんでしょうか。もしかしたら間違いではないのかなとも思いますがどうなんでしょう。

ついでに気がつきましたが新型イオンと新型リニアのスペックを見比べると結構違いがありました。振動数、振動幅も変えてるんですね。同じだとばかり思ってました。
・イオン(DE21/DE41) 前後約0.9mmの範囲で約28,500回の往復運動
・リニア(DL11) 前後約1.5mmの範囲で約20,000回の往復運動

他にはリニアのソフトスタート機能が記載されていませんでした。ソフトスタートが無いということはないと思いますので記載もれかなと思います。

回転ブラシは毛が硬いので使っていませんが、回転すると思います。今つかっているのはバス磨きのブラシです(山型やわらか)

音波振動でも回転数の少ないものはソフトスタート機能がないのだと理解しました。
新しい歯ブラシの取り付け部分は詳しいことがまだ分からないので店頭で売っていたらみてみたいですね。

ヨドバシの店舗に行きました。
電動歯ブラシは多く展示されておりnationalの替えブラシを手にとって買うことができました。
ソニッケアーもたぶん全機種展示されていたけど、ドルツスリム同様電池ぎれ。ドルツと似ている動きだったのは、オムロンのメディクリーン。

そして、口腔洗浄器が三つ展示されていて、パナソニックジェットウォッシャーはタンクでも小さめですごく便利そうでした。
25センチはドルツの歯ブラシ(ブラシ含む)とあまり変わらない大きさですね。

新型ドルツを見てきました

新型ドルツをみてきました。

リニアを実際に動かしてみましたが、ソフトスタート機能もありました。

また、ドルツイオンでスリム用山切りブラシが使えるとの情報がパナソニックのサイトに掲載されていますが、これは誤りだと思います。
最新版の替ハブラシラインナップやドルツのカタログには対応していないと記載されています。

ブラシ自体が回転するものをお探しなら、
矯正用の電動歯磨き
Rota-dentの動画です。
http://www.youtube.com/watch?v=D_-rRZyVSJM
デンタルフィットの商品と同じものだと思います。
替えブラシはどう手に入れるのか分かりかねます。

Rota-dentの音はどこかできいたことがあるような??
シェーバーの音に似ていました。
あまり、電動歯ブラシには無い音ですよね。
回転ブラシは難しいです。
http://www.youtube.com/watch?v=nqfhmsQDfkY&NR=1

Re: 回転タイプ

こんにちは。

今のところドルツ以外を使おうとは思いませんが、回転型を買うとしたらブラウンにすると思います。
回転タイプは強力に磨ける分、歯を傷つける度合いが強いのではないかと思ってしまいます(ブラウンは左右に動いたと思いますが)。
車をポリッシャー(回転して磨く機械)で磨くと細かい傷が沢山付きますが、どうしてもそういうのをイメージしてしまいます。

最近は歯チャンネルでプラークコントロールについて勉強しています。プラークコントロールって名前だけは宣伝されていますが、実際に実践できている人はほとんどいないんじゃないでしょうか。基礎知識的なコンテンツにあった虫歯のできる仕組みなどもすごく為になります。

コメントいただきありがとうございました。

>パワーハブラシカーブスピンEW1160は丸型のブラシなんですね。丸いブラシは回転するんでしょうか。どんな構造になっているのか気になります。

丸型のブラシを試してみました。
回転ブラシという名前でも回転しないのは知らなかったので
動作させてびっくりしました。
ブラシは回転でも本体はバス磨き用ではスピンしないのは当たり前だったのかもしれません。

ブラウンの左右の動きは想像つきませんが、回転式のものを買う場合、三洋などほかの製品も動作を調べてから買ったほうがいいですね。

Re:

ブラウンのは左右に回転します。ブラシは少し楕円形じゃなかったかと思います。
http://oralb.braun.co.jp/products/oral/chigai/index.html#01

この動きだと日本人の歯の形にも合いそうですし、細かい所までみがけそうです。
あのブラシが合うかどうかというのはありますが、ある程度適当にやってても勝手に隅々までみがいてくれるという設計だと思えます。
個人的にはソニッケアーよりも良くみがけるんじゃないかと思いますよ。ブラウンは実際には使ったことはありませんが、ソニッケアーは歯間が苦手です。特に裏側が。

最近やっと分かってきましたが、要はプラークを落とせれば良い訳ですね。ですので、ドルツでちゃんと磨ける様にしたいと思い、染め出し剤で磨けているかをチェックすることにしました。プラークを実際に落とせていないのならなにをやっても無駄なだけですしね。

とても参考に・・・

ドルツ購入を考えていろいろ調べていましたが、
大変わかりやすく親切な情報でとても役立ちましたv-237

ありがとうございました。

今のところ、リニアかステインオフにしようかな・・・と思っています(●´ω`●)

Re: とても参考に・・・

ゆり 様

コメントありがとうございます。

この記事はひとつ前の型のドルツを元にしていますが、今年のモデルもほとんど同じだと考えてもらって良いと思います。
ただ、今年出たリニア(EW-DL11)だけは性格がかなり違っていますので、ご注意いただければと思います。
DL11は振動幅が大きくなっているので、ゴシゴシ磨く感じなんじゃないかと思います。私も店頭のデモで動かして試しただけなんですが、旧型のリニアと比べると、振動幅が大きくて刺激が強すぎるでのはないかと思いました。

旧型のリニアEW-LA30あたりは型落ちで安く出ているのをみかけましたので、リニアならひとつ前の型もいいんじゃないかなと思います。

コメントの投稿

この記事に対するご意見・ご感想を募集しています。
コメント内容のみ必須入力です。それ以外は任意でご入力ください。











管理者にだけ表示を許可する(再編集はできません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://zze128.blog9.fc2.com/tb.php/174-e1b65a2c