#131 音波振動歯ブラシ・ドルツで歯にどれだけ負担がかかるのか実験してみました 

パナソニックの音波振動歯ブラシ・ドルツを使い出してから1月ちょっと経ちました。
すごく具合が良く使い出すともう手磨きには戻れなくなる程気に入っています。
私が使っているのは、ドルツリニア EW-LA20 というイオン機能がない標準的なタイプです。

こういった電動歯ブラシの場合、歯にどれだけ負担がかかるのか、歯を削ってしまうのではないかという不安がある方もいらっしゃると思います。パナソニックのサイトを見ると、歯を削る心配はないとのことですが、やはり気になってしまいます。そこで、今回はドルツを使って歯をどれだけ傷つけているのか実験してみました。
実験に使ったのはCD-R、記録面を普通の歯ブラシとドルツで磨いて違いを見ることにしました。
なぜCD-Rなのかというと、非常に傷が付きやすいからで、例えばティッシュペーパーで拭いただけで簡単に傷が付くほどです。


使用した機材
・ドルツEW-LA20 ブラシは標準のカーブフロートブラシ
・歯ブラシ 超極細タイプの普通の歯ブラシ、毛先は開き気味でそろそろ替え時
・歯磨き粉 普通の歯磨き粉です
・CD-R 普通のCD-R、国内有名ブランド品
・エアダスター 空気でほこりを飛ばすスプレー 水気を飛ばすために使用

検証方法
ブラシに歯磨き粉を付けCD-Rの記録面を磨き、傷のつき具合を確認しました。
磨き方は3パターンで、普通の歯ブラシで磨いた場合、ドルツを動作させないで磨いた場合、ドルツを動作させて磨いた場合です。
磨く強さは普通、強の2パターン。普通は歯磨きを想定した程度の負荷をかけて磨き、強はかなり強めでCD-Rが少し変形するくらいの負荷でブラシを押し当てて磨きます。
※ドルツ動作時のみ、弱(毛先が触れる程度)で磨いた結果も掲載しています
ドルツの動作モードはパワフルモードで行いました。
磨き方はブラシをCD-Rの内周と外周の間をゆっくりと動かします。
磨く回数は手磨き、ドルツ非動作時は10往復、ドルツ動作時は5往復です。
磨いた後は水で洗い流し、水気をエアダスターで取りました。


結果
1.普通の歯ブラシで磨いた場合
普通の歯ブラシで磨くだけでCD-Rの記録面は傷つく程デリケートです。ちょっと磨くだけで目で見てわかる程の傷が付いてしまいます。

1-1.磨く強さ普通
線状の傷がついた。目視でも簡単に確認できる程度の傷がつきました。
ドルツ検証 手磨き_普通

1-2.磨く強さ強
1に比べてるとさらに傷がはっきりしています。
ドルツ検証 手磨き_強

2.ドルツを動作させないで磨いた場合
ドルツのスイッチを入れずに普通の歯ブラシの様に使った場合にどうなるかを検証しています。
ドルツを動作させない状態で磨くと、普通の歯ブラシで磨いた場合に近い結果となりました。

2-1.磨く強さ普通
普通の歯ブラシと同じ様に線状の傷となりました。ドルツのブラシの形状の関係で突出している先端部分(先端密集毛)が付けた傷が目立ちます。
ドルツ検証 ドルツオフ_普通

2-2.磨く強さ強
ドルツ検証 ドルツオフ_強

3.ドルツを動作させて磨いた場合
ドルツを動作させた場合のみ、歯ブラシを当てる強さを弱、普通、強の3段階で検証しました。弱は軽く毛先が触れる程度の強さです。

3-1.磨く強さ弱
写真に写る様な傷は付きませんでした。目視で見た場合、光に当ててやっと確認できる程の傷はついています。
毛先が触れる程度の負荷をかけています。たぶんこれが推奨の磨き方だと思います。
ドルツ検証 ドルツオン_軽

3-2.磨く強さ普通
先端密集毛の触れた部分が擦った跡がかすかに見えます。
ドルツ検証 ドルツオン_普通

3-3.磨く強さ強
先端密集毛の触れた部分が3-2よりもはっきり見えますが、その他の部分は写真では傷付いていない様に見えます。
目視で見てもよく見ないと傷は付いていない様に見えます。
ドルツ検証 ドルツオン_強


まとめ
ドルツを動作させた場合、私の予想とは違って見えるような傷はほとんど付きませんでした。
実験する前は手で磨いた場合よりもひどい傷になるものとばかり思っていましたが、この結果を見る限りそんなに歯へのダメージは気にしなくても良いのかなと思えます(個人的な見解です)。
実はドルツを動作させた時の結果は、ちょっと信じられなかったのでブラシを当てる角度を変えたり先端密集毛を当てずに試したりしたのですが、同じ様な結果になりました。あの細かい振動が良いのか、この機種で採用しているブラシのフロート機構がうまく働いているのかわかりませんが、はっきりと見えるような傷は付きませんでした。まぁ、CD-Rを裏から支えて、安全装置が働きそうなくらい抑え付けると傷はつきましたけどね。

私が使っているのはドルツリニアというタイプです。上位機種ではイオン機能が付いたものもありますが、私はこれで十分と思っています。

Panasonic ドルツリニア 音波振動ハブラシ 黒 EW-LA20-KPanasonic ドルツリニア 音波振動ハブラシ 黒 EW-LA20-K
パナソニック


関連記事と情報
#124 電動歯ブラシ Doltz(ドルツ)を買いました
パナソニック・オーラルケアサイト
手磨き vs Doltz
ポケットDoltzスペシャルサイト

-追記-
ここに記載しているのは、ドルツリニア EW-LA20で検証した結果です。他のドルツは磨き方やブラシの種類が違いますので、結果も違ったものになると思います。

スポンサードリンク


コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: タイトルなし

ドルツは歯にすごくやさしいと思います。
ドルツを使う前は歯を削るんじゃないかと思っていたのですが、私の感覚では手でみがくよりも歯にやさしいと思います。

NHKのためしてガッテンで歯磨きと歯の削れる関係を検証していましたが、歯ブラシでみがいても削れるのは心配しなくて良いということでした。手で磨いても歯を削るのはほんの少しなので、ドルツならもっと安心かなと思います。

ソニッケアーも有名ですよね。一ヶ月程使ったことがあるのですが、歯にはすごく負担になりそうに思えました。この実験はブラシの形状の関係でうまく検証できなかったのですが、感覚的にドルツの何倍ものパワーがある感じです。
私にはソニッケアーは合いませんでしたが、ものすごいパワーでみがきたい方にはソニッケアーも良います。ただ、お年寄りや子供にはとてもお勧めできない程強力です。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: ソニッケアーについて

ソニッケアーはすごく強力に磨けますし、慣れれば気持ちよくみがけるのですが、私には少し合いませんでした。
特に気になったのはこんなところです。
・パワーが強すぎる
・2分で止まるので時間内で終わらなければならない(電源を入れれば延長できるが、止める際のボタン操作が難しい)
・みがき粉が飛び散る為に口をあけることができない(ブラシの移動や角度の調整が難しい)
・歯の裏側が磨きにくい(ブラシの大きさと形状、口をあけあけられないことによる)
・ブラシの両端のとがっている部分に触れると痛い(頬の内側等にあたった場合)
・本体が完全な防水ではない(少しなら水がかかっても良い程度の防水)

以前に知らせました、デンタルフィットのお店にロタデントの替えブラシを問い合わせたところ、数日中に替えブラシが販売されていました!!うれしい・・・でも、その前にわたしも
CD-Rでブラシによる歯の傷つき具合を手持ちのドルツのポイントブラシで実験しました。
結果。1番初めの磨く強さ普通と同じ縦の線が1本つきました。
   ウルトラソフトでも線が確認できた気がするので、ブラシ型   が関係してます。歯間は直接歯に当てるものではないのでそ   んなに気にしていません。

同様に
ハイパワーシュシュのブラシやカーブフロートソフトは傷が目視ではあまり見られませんでした。手に当てても手用のハミガキ(バトラー)とあまり変わらず痛くありません。
歯ぐきはできるだけフロートソフトを利用しようと思います。

Re: 電動ハブラシと歯へのダメージについて

こんにちは。

私の考えでは、ドルツで適切な力で磨いている限り歯への傷は気にしなくても良いと思います。
手磨きで長い時間みがくよりもドルツで普通に磨いた方がダメージは絶対的に少ないと思います。
ご心配でしたら、研磨剤の入っていないはみがき粉を使うのも良いかもしれません。

ある程度のパワーはかけないとプラークは落とせないらしいので、その辺は気をつけていただければと思います。
歯へのダメージを気にしすぎてプラークが残ってしまう方が影響は大きいですから。

CD-Rですが、本当に傷つきやすいんです。記事本文にも書いていますが、ティッシュで拭くだけで傷つく程やわらかいものですから、ドルツのポイントブラシで傷が入ったからといって心配することはないと思いますよ。指でさわるだけでも傷つきますしね。

本日、携帯用のエチケット・パワーハブラシを職場でつかいました。持ち手が短いのは慣れるしかないけど、さすが日本製、洗面台を汚さないところがすばらしい(最後に掃除します)(汗)ただ、なんか家で使うのとは違う、落ち着かない。だからほんとに簡単に汚れを落とす程度になるかもね。一度も停電がない場所だけど停電時には役立ってくれるかも。
メインはフッ素せんこうになりそうです。
フッ素せんこうの容器のほうがかさばりそう。

充電ではなく乾電池なので、電池が切れたら取り外すところが通常のものと違います。
電気が使えるうちはエネループ(単三)で使用します。

本当に買う必要があったのか、旅行などいつか役に立ってくれることを願っています。

Re: パワーハブラシ

パワーハブラシ、音は大きくないんでしょうか。
出先で使うものは音が気になります。ポケットドルツは音にも配慮してあるそうですが、パワーハブラシはどんな感じなんでしょうか。ポケットドルツも使った事はないので、一度試してみたい気がします。

フッ素せんこうの容器も持ち歩いていらっしゃるのですね。常温で20日も保存して大丈夫かという心配はあります。
もし浄水器をご利用でしたら、浄水器に通さない水の方が良いかもしれません。浄水器に通した水は塩素が効かないのですぐだめになるそうですし。

エチケットの音については書き忘れていました。すみません。
音は気になりませんでした。静かだと感じたくらいです。
全員ではないけど周りにいた人に電動歯ブラシをもっていることは伝えました。
フッ素せんこうは未だ作ってもいないですが、薬だから浄水器の水で作ろうと思います。冷蔵保存で様子を見ます。
エチケットはジプロックとプチプチ包装で携帯しています。

Re: 浄水器の水

私は何日も保存するものに浄水器の水を使うのは怖いです。
水道水の方が多少は殺菌効果が期待できるので安全な気がしますよ。

海外では上水槽にフッ素が添加されているというので悪くなるようなら水道水でもいいと思いました。
粉末だから安いという理由があったのですね。
カルキを抜いた水は悪くなりやすい。
沸かした水で麦茶などつくると菌(ぬめり)には良いと思いました。お湯を沸かしてさまして入れるのもいいかもしれません。

Re: ミラノールの水

浄水器の水は塩素が抜けているので水道水の方が少しは安全だと思ったんですが。

麦茶を水出しして菌の発生具合を調べているサイトを見たことがあるのですが、冷蔵保存しても菌は結構増えていました。
繁殖している菌の写真などを見てしまうと、作り置きした薬を常温で20日も保存しておくのは抵抗がありますが、薬の中に防腐剤が入っていると思うので、実際は水道水も浄水でもどちらでも良いのだとは思います。ただ、薬は普通の水道水で作る事を想定していると思うので、私が作るのなら水道水で作ります。塩素の殺菌効果にも少し期待しています。

この前調べたミラノールの成分から検索してみると、防腐剤や殺菌成分が入っている様でしたので、説明通りの使い方で良いのだと思いますよ。

ご参考)水道水は常温で3日持つそうです。すごいと思うんですけどね塩素の力って。
http://www.waterworks.metro.tokyo.jp/faq/qa-13.html#20

フッ素せんこう(1日目)

手みがきで歯を磨いてからフッ素せんこうをしました。
黄色い1gを200mlの水道水に溶かして昨晩冷蔵しておいたものを使用。
(どうしてもこぼれるので使用回数は減ります)
10mlで30秒口を濯ぐ。10mlは結構多めです。
大人はこの希釈だと10mlだと思ったので、
次は1.8g袋で5mlでうがいをしたいと思います。(まとめがいした黄色い袋が無くなるまでに見かれば使います)http://hasshin.livedoor.biz/archives/51661106.html

よく濯いでから飲物は飲みましたが表面がツルツルします。
ちょうど、ドルツを初めて使用したあとのようになりました。

フッ素は大人の歯には中学三年頃までが虫歯予防に効果が出やすいみたいですが、私は歯の根元が虫歯になりかけていると検査で分かりこれから予防していきます。(今は検査してから一カ月以内です。)
歯周病で歯ぐきが後退したなど歯の根元には有効みたいなので
さまざま、利用方法があるといいます。
こどものための薬という印象が変わりました。

Re: フッ素せんこう(1日目)

ツルツルになるというのは不思議ですね。なにかそういう成分が入っているのでしょうか。

フッ素の効果について考えていたのですが、確かに子供の方がフッ素の効果が高いという説明を見かけます。
大人にはどういった効果が期待できるのか調べていてみつかったのがこのページです。少し難しい箇所もありますが、フッ素の効果について議論がされていて、先生方の見解が良く分かる文書です。
http://www2.ha-channel-88.com/soudann/soudann-00013525.html

次のページでは、大人の歯にフッ素は効果がないのかという問いに対して一言回答されています。
http://www2.ha-channel-88.com/bbs/kiji.php?no=120027


フッ素の効果としてよくあげられるものにエナメル質の強化というものがあります。ハイドロキシアパタイトをフルオロアパタイトに変化させて酸に強くするそうですが、どんな形でフルオロアパタイトが形成されるのか詳しく説明している情報がみつかりませんでした。

私はなんとなくエナメル質のハイドロキシアパタイトが全部フルオロアパタイトに置き換わるんだと思っていましたが、そうではなくて、フルオルアパタイトは歯の表面の膜の様なものですぐにはがれる様なのものだという情報も見つけました。よく分かりませんでしたので、また今度調べてみようと思います。

コメントの投稿

この記事に対するご意見・ご感想を募集しています。
コメント内容のみ必須入力です。それ以外は任意でご入力ください。











管理者にだけ表示を許可する(再編集はできません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://zze128.blog9.fc2.com/tb.php/173-176bbdc9