#105 Opera 10.50正式公開 ~再び世界最速のブラウザへ~ 

ブラウザOperaの最新バージョン10.50が正式に公開されました。
今回の目玉は新開発のJavaScriptエンジンで、7倍速いんだそうです(なんに対して7倍なのかは分かりません)。
早速インストールして使いましたが、全体的にかなり変わっていました。

7倍速い?
Operaが日本に紹介された頃は史上最速のブラウザといわれていました。当時は起動画面にもFastest Browser on Earthと表示されていましたが、いつの頃からか起動画面の表示はなくなりました。
個人的にはずっとOperaが最速だと思っていましたが、JavaScriptの実行速度は他のブラウザに負けていた様です。
今回のバージョンではダウンロードページに「地球上で最速のブラウザ」と表現されているのがOperaユーザには少しうれしいところです。
http://www.opera.com/browser/

実際にOperaでは動きが遅く今まではFirefoxで閲覧していたあるサイトで試しましたが、10.50では明らかにスピードは速くなっていました。


10.50の気に入らないところ
Operaのバージョンアップで気に入らない所は今までほとんどなかったんですが、残念ながら今回はあるんです。
画面のデザインが少し変わり、ひとつ前のバージョンに比べると一部見にくくなった箇所があります。

パーソナルバーが見づらい
まず気になったのがこれ。ウィンドウを最大化していると、パーソナルバーのショートカットが見えません。
Operaを最大化した状態

最大化していない状態
Operaを最大化していない状態

パーソナルバーにショートカットを置くとなにかと便利なので使っているのすが、これではちょっと使えませんね。
私のPCはVistaですが、もしかするとWindows 7ではきれいに見えるのかもしれません。
パーソナルバーは標準では非表示だったと思うので、あまり使う人はいないのかもしれませんが、Vista標準の色設定でこんな表示になるのは非常に不満です。


ログインのアイコンの色が少しわかりにくくなった
ひとつ前のバージョンでは、ログインボタンが有効な場合は青く表示されていて分かりやすかったのですが、10.50では色の濃淡で表現する様になりました。

ログインボタンが有効な状態
Opera10.50 ログインアイコン有効

通常の状態またはログインボタンが無効な状態
Opera10.50 ログインアイコン無効

他のボタンの色と統一しているというのは分かるんですが、前の方が良かったですね。


ページ内検索とか色々変わってます。
細かい所はかなり変わってます。外観も変わりましたし、タブの動きがアニメーションするとかね。
少し使ってみてすぐ分かったのが、私が良く使うページ内検索が良くなっていた点です。
ページ内検索をすると、画面全体が暗くなりキーワードが強調されます。

私はOperaで昔標準だったウィンドウを開かない方式(インライン検索)が好きなのでこんな風に使っています。
アドレスバーの横にページ内検索のボタンを置いています。ちょっと設定を変えればCtrl+Fでここにフォーカスが移ります。
Operaページ内検索(インライン)

10.50の標準ではこんな風になっていました。Ctrl+Fを押すとFirefoxの様に検索枠を表示します。
Operaページ内検索(標準)

私がOperaを使う様になった理由のひとつがページ内のインライン検索なんですが、途中から普通のダイヤログから検索する方法が標準になりました。またインライン検索が復活した訳ですが、ちょっとFirefoxのまねっぽくはあります。

関連記事
#117 Opera10.53 公開 タブのアニメーション表示が速くなったり
#113 Opera プライベートタブの便利な使い方/ログインしていない状態を作り出す
#111 Opera 10.51公開 フォント表示の問題が改善されていました
#107 Opera10.50の画面効果(アニメーション)をやめる
#106 Opera10.50を使うと変わったフォントで表示するサイトがあります

スポンサードリンク


コメント

コメントの投稿

この記事に対するご意見・ご感想を募集しています。
コメント内容のみ必須入力です。それ以外は任意でご入力ください。











管理者にだけ表示を許可する(再編集はできません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://zze128.blog9.fc2.com/tb.php/143-3a3bc8e2