#103 満期保険金を受け取った時の確定申告の仕方 

確定申告の時期となりました。今回は簡易保険の満期保険金を受け取りましたが、はじめて保険金の申告をするのでどうやって計算するのかかなり悩みました。
確定申告書は確定申告書作成コーナーというサービスを使っています。

まず税の分類みたいなもの(所得税 or 贈与税)があるのですが、保険金を払った人と受け取った人の関係によってかわります。
次に一時金で受領したか年金で受領したかによって一時所得と雑所得に分かれます。一時金は一回限り、年金は毎年という意味です。
私の場合は自分で払い自分で受け取り、受け取ったのは一回だけですので、所得税/一時所得ということになります。

私が受け取ったのは約150万、支払ったのは約200万ですので、次の様な入力になります。収入金額に受け取った保険金150万、必要経費に支払った総額200万を入力しました。
※分かり易くする為、金額の端数を省略しています。

確定申告書作成コーナーでの入力例
確定申告 満期保険金の入力例1

ここまでは簡単だったのですが、次にわからなかったのはこの説明文の中にある特別控除50万円とそこからさらに1/2した額が課税対象になるというところです。
(1) 満期保険金を一時金で受領した場合
満期保険金を一時金で受領した場合には、一時所得になります。
一時所得の金額は、その満期保険金以外に一時所得がないとすれば、受け取った保険金の総額から既に払い込んだ保険料を差し引き、更に一時所得の特別控除50万円を差し引いた金額です。課税の対象になるのは、この金額を更に1/2にした金額です。
(出典:国税庁 タックスアンサーより)

私の場合、支払いの方が多いので気にすることはないのかも知れませんが、この様に明記してある以上気になりました。
どこかに特別控除の50万を入力したりするのかと思いましたが、なんということもありませんでした。
確定申告書作成コーナーで計算すると、一時所得の金額は自動的に50万マイナスされた後、1/2されていました。
私が受け取った保険金の場合、もらった額よりも支払いの方が多いので例になりませんので、試しに収入の方が多い例を記載します。

例として収入金額280万、必要経費200万で入力してみました。
確定申告 満期保険金の入力例3

結果は一時の欄が30万になり特別控除50万円分が引かれています。所得金額の合計欄を見ると15万となり1/2もされています。
確定申告 満期保険金の入力例2

ちなみに、普通のサラリーマンで50万マイナスして1/2した金額が20万以下の場合は保険金の確定申告は不要だそうです。
私は確定申告は2度しかしたことがなく、詳しくもありませんので間違ったことを書いている可能性はあります。間違っていたらすいません。

関連記事
国税庁 No.1755 生命保険契約に係る満期保険金等を受け取ったとき
国税庁 No.1490 一時所得
ラクラク生命保険選び・満期保険金の税金 

スポンサードリンク


コメント

コメントの投稿

この記事に対するご意見・ご感想を募集しています。
コメント内容のみ必須入力です。それ以外は任意でご入力ください。











管理者にだけ表示を許可する(再編集はできません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://zze128.blog9.fc2.com/tb.php/140-48561ae0