スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサードリンク


  • [--/--/--]
  • コメント(-) |
  • URL |
  • HOME

#95 ブログで使えるアクセス解析ツールを紹介します 

今回は便利なツールとして、アクセス解析ツールを紹介します。


アクセス解析ツールを使うと、ブログを閲覧した人数やどのサイトから訪問してくれたかといった情報を知ることができます。
アクセス解析ツールを使うには一般的にはブログのテンプレートにコードを記述する必要がありますので、ブログを開設している方でも使っていないという方も多いと思います。自分のサイトをどのくらいの人に見てもらったかということが分かれば、ブログを書く励みにもなりますし、データを見ることでユーザーがどういう情報を求めているかも分かりますので、記事を書く時の参考にもなります。
アクセス解析ツールをブログに組み込むのもそれほど難しいことではありませんので、ご自分のサイトを持っている方はぜひ使ってみてください。


今回は、ブログで利用できるアクセス解析ツールとして、FC2アクセス解析、Google Analyticsのふたつを紹介します。どちらも無料で使えるアクセス解析ツールです。
もちろん、ブログだけではなくホームページでも使えます。



FC2アクセス解析

FC2ブログで有名なFC2が提供するアクセス解析サービスです。
シンプルで分かり易いのが特徴で、はじめてアクセス解析を使う方にはお勧めのツールです。
IPアドレスを設定すれば、自分のアクセスを除外して集計することもできます。
無料で使えますが、ページを見た時に広告を表示します。広告にはいくつかの種類が選べますが、小さいアイコンタイプにすればあまり目立ちませんし、数秒で消えますのでサイトのデザインに影響を与えることもありません。


下の図は日々のアクセス数を見る画面です(サンプルデータ)
FC2アクセス解析サンプル
FC2アクセス解析のサイト
FC2アクセス解析のサンプルデータ



Google Analytics

Googleの提供するサービスです。
FC2アクセス解析とはツールの目的がかなり違っていて、Google Analyticsは訪問者のデータを元にして様々な分析を行う為のツールです。
Google Analyticsは、単に訪問者の数を見るだけでは無く、ユーザーの動向やサイトの問題点等を分析する為のツールです。ツールの造りからすると個人のサイト程度の規模ではなく、企業やショッピングサイトの様なビジネスサイト向けに開発されたものだと思います。


FC2アクセス解析が1日毎のアクセス数やデータを見るツールなのに対し、Google Analyticsは任意の日付範囲を指定して集計結果を見る様になっています。また、データはリアルタイムには更新されず、数時間遅れで反映されますので、基本は前日までのデータを元に分析するものだと思います。
色々と変わったデータも見ることができ、例えばどのページでユーザーが離脱したかという分析ができます。これはサイトの問題点を発見する為の分析機能だと思いますが、例えばオンラインショッピングサイトの決済画面でユーザーが離脱している様ならそのページに分かりにくい点や問題点が無いかといった予想をすることができます。


ブログを開設している方にとって便利な機能として、記事毎のアクセス数を集計してくれる機能があります。
これはFC2アクセス解析には無い機能なので、これだけでもGoogle Analyticsを使う価値はあると思います。
※私は使ったことはないのですが、NINJA TOOLSのアクセス解析にも似た様な機能があります。
他にブログ関係で有効な機能としては、アフィリエイトで良く利用されているGoogle AdSenseのデータを集計する機能があります。どの記事からAdSenseの広告がクリックがされたかといったデータも見ることができますので、うまく使えばAdSenseを最適化する為のヒントが発見できそうです。


自分のアクセスを除外するにはIPアドレスの範囲を指定するかCookieを使用します。Cookieを使う方法は一度設定すればIPアドレスが毎回変わる環境でも対応できます。
FC2ブログならCookieのコードを記述した下書きの記事をプレビューすればCookieを設定できました。


Google Analyticsは高度な機能を持っている代わりに操作方法は少し難しいので、単純にアクセス数を見たいだけならFC2アクセス解析をお勧めします。


記事別のアクセス数の例
Google Analyticsのデータ1

記事別のアクセス数にキーワードを組み合わせた例
Google Analyticsのデータ2

スポンサードリンク


コメント

コメントの投稿

この記事に対するご意見・ご感想を募集しています。
コメント内容のみ必須入力です。それ以外は任意でご入力ください。











管理者にだけ表示を許可する(再編集はできません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://zze128.blog9.fc2.com/tb.php/128-e3f47822

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。