#89 Norton Internet Security 2010の最適化はなにをしているのか? 

Norton Internet Security 2010に「最適化」機能が搭載されていますが、何をするものか前から気になっていたので調べてみました。

NIS2010のパフォーマンス画面
NIS2010の最適化画面
最適化を手動で実行するにはこの画面で行います。


シマンテックの説明によれば、ファイルの断片化を解消するものとあります。

[最適化]
システムでファイルの編成を再整理できます。
システムを最適化すると、アクセス状況に基づいてファイルをグループ化して、ディスク上で使うことができる空き領域を最大化できます。

シマンテックWebサイトの情報


結果
NIS2010の最適化を実行すると、dfrgntfs.exeというプログラムが動いていました。
これは、普通のWindows標準のデフラグを実行した時のと同じプログラムです。
シマンテック独自のプログラムが動くのかと思っていましたが、普通のデフラグと同じみたいですね。

私が調べたのはWindows Vistaの場合ですが、XPだとまた違うかもしれません。
XPとVistaではデフラグのプログラムが違いますし、NIS2010の最適化の動作もXPとVista/7では異なるそうです。
XP・・・Windowsフォルダのみ最適化
Vista/7・・・OSのドライブ全体を最適化


追記 2010/02/07
ノートンのサポートに問い合わせてみましたが、やはりOS標準のデフラグを行っているとのことです。
先に書いた様にXPとVista/7では動作に違いはありますが、どちらもOS標準のデフラグを実行しているのには違いはないとのことでした。

追記 2011/11/16
NIS2012でも機能的には変更がないようです。最適化の時に動いているプロセスを確認しましたが、OS標準のデフラグと同じものが動作していました。
念のため書いておきますが、NISの最適化はアイドル状態を検知して実行しますので、OS標準のものよりも優れていると思います。

スポンサードリンク


コメント

情報トン

コメントの投稿

この記事に対するご意見・ご感想を募集しています。
コメント内容のみ必須入力です。それ以外は任意でご入力ください。











管理者にだけ表示を許可する(再編集はできません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://zze128.blog9.fc2.com/tb.php/120-38b51efb