#88 Operaでカタカナを入力した時の赤い下線を消す方法 

Opera10でカタカナを入力すると、文字の下に赤く点線を表示します。
これは、スペルチェック機能が効いている関係の様ですが、設定を変えることで簡単に解決できます。
下線が消える以外にも文字を入力した際の反応速度も向上します。

※この方法は、カタカナを確定した際の赤い破線(点線)の表示を解決する方法です。
※漢字変換が未確定の際の赤い実線を消す方法ではありません。
※漢字変換が未確定の下線は11.10で黒の実線に変更されました。


赤い点線の例
カタカナの下に赤い点線を表示する。
Operaの赤線1



設定方法
Webサイト上で入力ができる項目で右クリックし、コンテキストメニューを表示させます。
(例えば、Google等の検索文字列を入力する欄で右クリックします)
次に”スペルチェック”の項目を選択してチェックを外します。
Operaの赤線2



これで下線が消えました。
Operaの赤線3



本来はこの図の様にスペルミスをチェックする為の機能です。
カタカナに下線が入るのは仕様なのか不具合なのかは分かりませんが、Opera10からそうなっています。
たぶん、英語辞書なので日本語に対応していないだけかと思います。
Operaの赤線4


他の方法として、設定画面からスペルチェック機能を設定することもできます。
メニューからツール>設定>詳細設定タブ>閲覧>スペルチェックの項目のチェックを外します。
Operaの赤線5


スポンサードリンク


コメント

コメントの投稿

この記事に対するご意見・ご感想を募集しています。
コメント内容のみ必須入力です。それ以外は任意でご入力ください。











管理者にだけ表示を許可する(再編集はできません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://zze128.blog9.fc2.com/tb.php/119-d8a7e919