#9 Thunderbird(サンダーバード)の迷惑メールフィルタ機能を試してみました 

Thunderbirdには、迷惑メールを自動的に識別してくれる迷惑メールフィルタがあります。
私の場合、プロバイダのサービスで迷惑メール対策をしていますので、まぁ必要はなかったんですが、
せっかくの機能ですので、どのくらいのものか試してみました。

下の図が、迷惑メールを自動的に振り分けた結果です。
迷惑メールと識別したメールには、炎のマークが付き、フォルダに振り分けたりすることができます。
件名に[meiwaku]と入っているのは、プロバイダの迷惑メールサービスで付けたものです。
Thunderbirdの迷惑メール分類結果

Thunderbirdは、迷惑メールの識別を使用者が学習させていくという方式を採っています。
最初はまったく識別できませんでしたが、迷惑メールが来たら炎マークをつけていくことで
Thunderbirdが学習していきます。
Wikipediaによると、ベイズ理論による学習型迷惑メールフィルタ機能というものだそうです。

迷惑メールフィルタの識別能力
Thunderbirdの迷惑メールフィルタが、どのくらい識別できるのか10日程統計をとってみました。
10日間の迷惑メールの総数・・・318件
1)内、Thunderbirdが識別した件数・・・312
2)内、プロバイダの迷惑メールフィルタが識別した件数・・・316
結構な認識率ですね。
ただし、ここまで学習させる為にはかなりのメールを迷惑メールとしてチェックしました。

迷惑メールフィルタ使用時の注意点
少し気になった点を書いておきます。
1.アドレス帳に登録している送信者は迷惑メールとして識別しないオプションがあります。
 迷惑メールは、自分のアドレスが送信者になっている場合がありますが、私の場合、自分のメール
 アドレスをアドレス帳に登録していた為、
 迷惑メールフィルタが正しく働きませんでした。
 うまく振り分けができない場合にこの辺をチェックしてみてください。
2.学習が十分でない内は、迷惑メールフィルタを実行しないこと
 どういう操作をしたかはっきり覚えていませんが、Thunderbirdをインストールした直後手動で迷惑
 メールフィルタを実行した所、受信トレイのほとんどすべてのメールが迷惑メールとしてチェックされ
 てしまいました。
 おそらく、ツールメニューから「迷惑メールフィルタを実行」を選んだのだと思います。
 元に戻すのは、炎マークを外していくしかないようなので、注意してください。
 ※複数のメールを選択して、右クリックメニューから迷惑メールのマーク/マーク解除も可能です

スポンサードリンク


コメント

コメントの投稿

この記事に対するご意見・ご感想を募集しています。
コメント内容のみ必須入力です。それ以外は任意でご入力ください。











管理者にだけ表示を許可する(再編集はできません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://zze128.blog9.fc2.com/tb.php/11-d40a253c