バッファローのルーターが不安定な場合に設定した事 #304 

長年バッファローのルーターを使っています。最近IPv6にしたのでルーターを買い替えたのですが、昔のルーターと比べると妙な挙動がありました。


私の場合、使わない時はルーターとフレッツ光の宅内装置(VSDL)は電源を切っているのですが、これまで使っていたルータなら電源を入れれば数分後に使えたのが、新しく購入したルーターはINTERNETのランプが消灯したままでインターネットにつながりません。何時間待ってもです! ルータの管理画面を見ると「Internet回線判別中」となっていて、管理画面で操作をするとやっとつながります。この現象の場合、回線の判定を固定にすれば問題なく使えるようになりましたので紹介したいと思います。同様の現象でお困りの方は試してみてください。

設定方法

詳細設定>Internet>Internetの中のIPアドレス取得方法 を変更します。
標準では「インターネット@スタートを行う」が設定されていますので適切なものに変更します。フレッツ(IPv6でない)の場合は「PPPoEクライアント機能を使用する」です。IPv6の場合はプロバイダとの契約によって選択する種類がちがいます。私の場合は「v6プラスを使用する」にしています。
バッファロールーター設定

これでルータの電源が落ちたり回線が切れた時の再接続に時間がかかるような事はなくなると思います。多分、IPv6対応の関係で回線を判定する種類が多くなったた為に回線の判定が失敗する事もあるのだと思います。私の使っているのはこのルーターです。

3000円台の一番安いルーターですが、IPv6で下り700Mbps程出ます。プロバイダはDTIですが、不具合もなく使えています。amazonでベストセラー一位、レビューでの評価も高い製品なので性能を求めないのならこれで十分と思います。


白元 快適ガードスタンダードマスクを買いました #302 

アマゾンで「白元 快適ガードスタンダードマスク レギュラーサイズ 40枚入」を買いましたので簡単にレビューしてみたいと思います。

最近は店でもマスクを買えるようになりましたが、日本のメーカーのマスクで数が入ったものはいまだに見かけません。このマスクは白元の製品なので安心感がありますし、アマゾンが直に販売しているものなので値段も1300円から1500円と安く、いまのところ在庫も豊富なようです。一時的に売り切れになったとしても、すぐに在庫が補充されています。数量制限もないのでまとめて購入する事もできます。

品質

昔使っていたさわやかマスクと同じレベルに思えます。ゴムは幅広でゆるい感じで耳が痛くもなりません。品質的にはなにも問題はないと思います。

デザイン

ごく普通のマスクです。正面から見て右下にKAITEKI GUARDのロゴが透かしのように入っていますが、付けている時はあごの下になるので見えません。シャープのマスクも同じようなロゴが入っていましたが偽物対策でしょうか。

装着感

素材が柔らかくて気持ちの良い肌触りです。シャープのマスクより柔らかめの素材です。さわやかマスクの感覚は忘れてしまいましたが、同レベルと考えて良いと思います。妙なにおいもなく少し甘い感じのにおいがします。

パッケージ
白元快適ガードスタンダードマスク
白元快適ガードスタンダードマスク

個包装ではありません。40枚まとめて包装されています。
白元快適ガードスタンダードマスク

シャープのマスクとの比較
上:快適ガードスタンダードマスク/下:シャープ製
ひもの太さが全然ちがいます。シャープのマスクはゴムを伸ばしてやらないと耳が痛くなりますが、白元のマスクは痛くなりません。
白元快適ガードスタンダードマスク

ロゴ 装着すると見えません
白元快適ガードスタンダードマスク

裏側
白元快適ガードスタンダードマスク


アマゾンで購入される場合の注意
サイズはレギュラーと小さめがあります。現時点の価格はレギュラー1317円、小さめ1232円です。購入される場合は、販売元がAmazon.co.jpになっている事を確認される事をお勧めします。他の業者の場合値段が高く設定されています。


Nintendo Switch Joy-Con充電グリップの勧め #298 

Switchのコントローラ(Joyコン)の充電が面倒に感じた事はありませんか。TVに繋いで遊ぶ場合はJoy-Conグリップに取り付けて遊ぶ場合が多いと思いますが、Joy-Con充電する時はSwitch本体にセットしなければなりません。この取り付けが結構面倒に感じます。遊んでいる途中にバッテリが切れたら充電しなければならずゲームができませんしね。

そこでお勧めするのがJoy-Con充電グリップ。Switch本体に付属しているJoy-Conグリップの形のまま充電できるようになる任天堂純正パーツです。価格も2,480円+税と非常に良心的。



形状・操作感

形は本体付属のJoy-Conグリップと同じです。重量もほとんど変わりません。変わっているのは色だけです。Joy-Con充電グリップは半透明の色をしています。

充電方法

付属のUSBケーブルでSwitchドックとつないで充電します。もちろん充電しながら遊ぶ事もできます。

FC2ブログをSSL対応にするとGoogle AdSenseが表示されなくなった件 #296 

FC2ブログをSSL対応に変更する

ブログにアクセスすると「このサイトへの接続は保護されていません」のような警告が表示されるようになりましたので、SSL対応した方が良いのかなと思い設定を変更してみました。SSL対応はブログの設定を変更すれば対応できます。
環境設定>ブログの設定>ブログの設定>SSLを「有効」にすればとりあえず変更できます。
ところが、SSL対応後Google AdSenseが表示できなくなりました。コードを貼りなおしたり色々やってみましたが、どうしても表示しません。

原因

URL(ブログのアドレス)が変わったのが原因のようです。SSLの設定ページには次の説明があります。
ブログURLが「http://」から「https://」に始まるURLに変わります。
サーバー番号が付いたブログURLをご利用中の場合は、サーバー番号の付かないURLに変更されます。
サーバー番号というのが関係していたっぽいです。このブログのURLは
http://zze128.blog9.fc2.comですが、
SSL対応後は次のURLに変わっていました。
https://zze128.blog.fc2.com
blog9がblogに変わっていたのに気づきませんでした。

修正方法(暫定)

URLが変わると色々見直しが必要なので、一旦元の設定(SSL非対応)に戻すことにしました。SSL非対応に戻すのは先の設定を変更するだけで良いのですが、それだけではサーバー番号は元に戻りません。次の設定も併せて変更する必要があります。
環境設定>拡張表示設定>拡張表示設定>URL内のブログサーバ番号表示を「表示する」に変更する。
これでアドセンスを表示するようになりました。根本的な対策はいつか時間のある時にするようにします。

Filco Majestouch 2 赤軸かんたんレビュー #291 

Filco Majestouch 2 赤軸を購入しましたので、簡単にレビューしてみたいと思います。

届いたのは30分前で、今テストが終わったところです。Majestouch2はこれで3枚目、他に静音赤軸(ピンク軸)と茶軸を所持していますので、それぞれ比較をしてみたいと思います。

はじめて触った印象

まず、打鍵音が静かな事に驚きました。底を打ったとしても静かです。茶軸と同じくらいの音だと思っていましたが、茶軸より静かです。カチャカチャと音はしますが音の質が茶軸とは違う感じ。そしてキーが重く感じます。静音赤軸と同じだと思っていましたが、かなり重く感じます。押し込む程に重くなるのをはっきりと感じられます。静音赤軸に慣れているからかもしれませんが、最初の印象からしてかなり良いです。気に入りました。

静音赤軸との比較

静音赤軸は職場で使っています。赤軸は静音赤軸と同じだと思っていましたが、かなり印象がちがいます。赤軸はバネの反発力を強く重く感じます。静音赤軸はふにゃふにゃと頼りない感じの反発力ですが、赤軸はしっかりした手応えを感じます。ストロークの深さが少しちがうはずですが、あまり底まで打ち込まないのでストロークのちがいは気になりません。底を叩いた感じはかなりちがいます。静音赤軸は衝撃を和らげるような構造になっている為だと思います。
音は静音赤軸の方が静かですが、赤軸でも十分静かです(茶軸比)。赤軸を職場で使うのはどうかとは思いますが、自宅で使うには問題ないレベル。茶軸を自宅で使っていましたが、うるさくて最近いやになってきたところでした。使い勝手は良好です。静音赤軸を使っていれば赤軸にもすぐに慣れると思います。この記事を書いている内にもう慣れてきました。逆に赤軸から静音赤軸に移行するのはちょっと違和感があるかもしれません。なにか違うのかわかりませんが、並べて打ち比べてみてもやっぱりなにか違います。赤軸はRalforceに感触が近いようにも感じました。Ralforceはショップで触った事しかありませんが、静音赤軸はRalforceと似ていると思った事はないですね。

静音赤軸と赤軸どちらがお勧め?

赤軸がお勧めです。静音赤軸を1年近く使っていましたが、赤軸の方が良いと思います。会社で使うなら静音赤軸しか選択肢はありませんが、音が気にならないなら赤軸が良いと思います。赤軸は打っている手応えがあるからか、入力していて気持ち良く感じます。それほど底まで打ってはいないのですが、バネの手応えが感じられるからかもしれません。
静音赤軸も良いのですけど。キーが軽すぎてミスタイプが多くなる印象があります。タッチタイピンが完全に出来る方や軽いキータッチが好みの方は静音赤軸も良いと思います。

茶軸との比較

茶軸は自宅で使用していました。キーの重さは茶軸と同じはずですが、赤軸の方が軽く入力できます。茶軸はひっかかりがあるからか、静音赤軸に慣れると重くて使いずらく感じてきたところです。音は茶軸よりかなり静かです。茶軸はスイッチが入った音がするらやかましく感じるんでしょうか。茶軸は昔好きだったんですが、静音赤軸が使いこなせるようになると重く感じられるようになり、今回赤軸を購入した次第です。

静音赤軸は重い?

ネット上では赤軸と比べて静音赤軸は重いという方も見かけますが、静音赤軸の方が反発力は軽いです。Majestouch2のCherry軸での比較です。他社の軸だとまたちがうのでしょうが。


今回購入した赤軸はこちらのテンキーレスタイプです。