プライバシーポリシー <様式IV> 

GooglePlayストアで公開しているスマートフォンアプリのプライバシーポリシーです。

アプリを安心してご利用いただけるよう、個人情報や機密情報に関わる情報の取り扱いについて説明します。

取得している情報
個人情報や機密情報は取得していません。

機密情報の使用用途
個人情報や機密情報は取得していません。

外部への情報の送信等
外部への機密情報の送信は行っていません。アプリ自身はインターネットへの接続機能機能を持っていません。ただし、広告を表示するアプリは広告表示のためにインターネットに接続しています。
※広告はGoogle純正のサービスを使用しています。 

お問合せ窓口 2zzlab.service@gmail.com 
制定:2022年1月20日
2ZZ tiny tools lab.

キーボードのスタンドは立てる? 立てない? #318 

キーボードのチルトスタンドを立てるか立てないか人により好みがあるようです。ネットで検索すると立てて使うのはキートップの文字を見やすくするためでキーを見ないで入力できるなら立てなくても良い等色々な意見はありますが、どちらが良いのかはっきりしません。

 


私は以前、スタンドは立てて使うものだと思い込んでいて畳んだ状態で使うという事を知りませんでした。この1年以上メインのPCはスタンドを立てて使っていたのですが、最終的には畳んで使うようにしました。手首の負担になる事に気が付いたからです。

結論

結論から言うと立てるか畳むかはどちらでも良いです。使っているキーボードの形や姿勢、リストレストの使用有無等により最適な使い方があると思います。自分で使いやすいと思う使い方、身体に負担のかからない使い方をすれば良いと思います。私の場合はメインで使う自宅のPCはリストレストを組み合わせてスタンドを畳んで使っています。会社PCはリストレストがありませんのでキーボードのスタンドを立てて使っています。

折りたたんで使う事にした理由

コロナ後は2年ほど在宅勤務をしています。自宅のPCを使い仕事をしているのですが、左手首に長らく違和感がありました。それほど重大なものではなく手首を曲げると少しだけ痛む感じがする程度でした。長時間仕事でキーボードを使うからかと思っていましたが、原因はキーボードと手首の関係でした。私はFilcoキーボードにFilcoのリストレストを組み合わせて使っているのですが、左手の手の平の付け根(手首)の上あたりはリストレストに乗せたまま固定で入力していました。これがスタンドを立てて使う事で手首をやや上にまげる格好になり負担になっていたようです。
これまでも少し左腕は窮屈な感じはしていたのですが、スタンドを畳んで使うように変えた事ではっきりしました。畳んで使うとはっきり実感できるほど左手首の負担が減りました。

一概にリストレストを使う時はスタンドを畳んだ方が良いという事ではありません。キーボードの形やキーボードと身体の位置関係等その人にあった使い方があると思います。

スタンドを畳んで使う

過去にも2年ほどスタンドを畳んで使っていた時期があります。それまではスタンドは立てて使うものだと思い込んでいたのですが、filco製品のキーボードの裏に貼るシートの存在知った事により考えを改めました。

FILCOパーフェクトグリップシート


この製品の説明には『チルトスタンドは畳んでご使用ください』と指示されているのを見て、スタンドを畳んだ状態で使っても良いのだということをはじめて知りました。

スタンドを立てて使う

スタンドを立てて使った事が良い事もあります。私はリストレスト無しで使う時はスタンドを立てて使っています。その方が入力しやすいからです。会社でもFilcoの同型のキーボードを使用していますが、リストレスト無しで使う時はスタンドを立てて使います。上の方のキーに指が届きやすいですし、キーの押下げも楽な気がします。

Filcoのおすすめキーボード

スイッチ(軸)の種類が色々あって選びにくいですが、こちらの静音赤軸(ピンク軸ともいわれます)をお勧めします。
音が静かなので会社でも使えます。他の軸はカチャカチャと音がするので会社や周りに人がいる場合は気を付けた方が良いでしょう。静かといわれる赤軸であってもカチャカチャと音がします。音が出ても良いのなら茶軸も良いと思います。

Filcoのメカニカルキーボードは押し心地がしっかりしていてバネの反発が衝撃を和らげてくれるので指が疲れません(軸によります)。底まで押し込む必要のあるメンブレンのキーボードを1日使うと指先がだるくなってきますが、メカニカルキーボードを使うようになってから一切なくなりました。

メカニカルキーボードは普通のキーボードに比べて背が高いので慣れるのに時間がかかるかもしれませんが、しばらく使うとなんでもなくなります。気になる人はリストレストを用意すれば良いです。リストレストはFilcoの木製のものをお勧めします。汚れたり痛んだりせず長く使えますし、柔らかいものよりずっと快適です。

今回紹介した製品はこちら

Windows 11 かんたんレビュー #317 

Surfece go 3を購入したので、Windows 11の使い勝手など簡単にレビューしてみたいと思います。

スタートメニュー

10から大きく変わったところです。よく使うアプリはピン留めする事ができます。アプリの表示はピン留めから選ぶのが基本で、「すべてのアプリ」を選ぶと全アプリが一覧表示されます。ピン留めとすべてのアプリはAndroidでいうとちょうどホーム画面とアプリドロワーのような関係ですね。ピン留めにはグループ分けのような機能はありません。並びを変えることはできますが、ユーザーがアイコンの位置を自由に決められるような機能はありません。

最近使ったファイル、ファイルのピン留め
ピン留めしたアプリには最近使ったファイルとファイルのピン留め機能はありません。タスクバーに配置すれば使用できます。スタートメニュー下におすすめとして最近使ったファイルは表示できます。

タスクバー

アプリケーションはアイコン表示のみとなりました。Windows10ではアイコンのグループ化を解除してタスクバーにファイル名を表示するような形式がが選べましたが、アイコン表示のみのようです。各アイコンは中央に配置されていますが、設定により左端に表示する事もできます。タッチパネルで操作する分には中央配置は操作性が良いですが、スタートの位置が左右にずれるのでアイコンを目視で探す必要があり少し手間がかかります。

Sモード

Surfece go 3は購入直後はSモードになっています。数日Sモードで使ってみましたが、大きな機能制限もなく不便は感じませんでした。Sモードで使うことでセキュリティ関連の心配が無いのなら初心者の人にはSモードで使うのも良いかとは思いました。
SモードとSモード解除後では設定画面の表示形式などがかなり変わりました。Sモードの時はWindows 10に近い形式でしたが、Sモード解除後は全く別の画面に変わりました。Sモードで使っていた時はおかしな動きをしていたので、解除してWindows Updateをした方が安定するような気がします。

タッチキーボード

テーマやサイズを調整できるようになっていました。初期状態ではタッチキーボードは画面の下半分をいっぱいに表示しますが、%指定で小さく表示する事ができます。
見た目の色を変える事もでき、黒一色だったWin10よりは見た目がかなり良くなっています。

設定

設定項目が厳選され設定しやすくなっています。Windows 10までは2種類の画面が混在しているような感じでしたが、Windows 11は新しいデザインの画面に統一されています。コントロールパネルや昔の設定画面もまだ使う事はできるので細かい設定をしたい人はそちらを使う事もできます。設定項目の検索機能も充実しているのでやりたい事は検索すればたいてい見つかると思います。

付属アプリケーション

エクスプローラーやペイントなども機能が整理されて分かりやすくなっています。画面上部のアイコンやコンテキストメニュー(右クリックで表示)もすっきりしていて、必要な機能が見つけやすくなりました。リボンは廃止したようです。エクスプローラーもペイントもリボンのメニューではなくなっています。従来のリボン方式に戻す方法もあるようですが私は標準のままで使っています。今使っているSuefeceはライトな使い方しかしないので機能的には十分ですし、操作はしやすいです。ただ、ペイントのアイコンは専有面積が多いのでリボンの時のように折り畳みたいとは思いますね。

まとめ

Windows 11は機能が整理され、見た目や操作感がかなり良くなっていると思います。Windows10のごちゃごちゃしたメニューやアイコンがなくなったのは見ていて気持ちが良いです。
機能が無くなって困った事はないので、PCに詳しくないユーザが使うには良いOSだと思います。ただ、Windows10までの操作に慣れていた人には不満も出てくるとは思います。

Microsoftアカウントにリンクしたライセンス認証させたPCの共有フォルダにアクセスする #315 

ライセンス認証をMicrosoftアカウントにリンクさせたPCのフォルダを共有しました。このフォルダにアクセスするためのユーザー名とパスワードはMicrosoftアカウントのユーザー名、パスワードで良いようです。ユーザー名はメールアドレスの形式になっていると思うのでそれを入力します。パスワードはMicrosoftアカウントへのパスワードです。


#Windows10 #ファイル共有 #フォルダ共有

AndroidからWindows PCの共有フォルダにアクセスする #314 

AndroidのスマートフォンからWindows PCの共有フォルダにアクセスしてみました。そういった事が出来るのは以前から知っていましたが、なんとなく処理が遅くて使い物にならないんじゃないかと思い込んでいました。実際に試してみると高速に動作するのには驚きました。画像や動画もレスポンス良く再生でき、サブで使っているWindowsタブレットより速くて快適な程でした。


設定1.Windows PC側の設定(サーバ側)

通常の共有の設定がしてあれば他の設定は不要です。今回はフォルダを共有していますが、設定方法はネットで探せば簡単にみつかると思います。


設定2.Android側の設定(クライアント側)

ファイルを管理するアプリを使ってサーバにアクセスします。私が使用したのは「ファイルマネージャー」というアプリです。

設定は次のとおり
  1. 「リモート」のアイコンを選択
  2. 「+ リモートロケーションを追加する」を選択
  3. リモートを追加するダイアログから「ローカルネットワーク」を選択
  4. ネットワーク内のPCの一覧を表示するので目的のPCを選択
  5. サーバにアクセスする為のユーザー名とパスワードを入力

以上の設定でサーバのフォルダにアクセスできます。このアプリには画像ビューアや動画再生機能を内蔵しているのでこのアプリだけでコンテンツを再生/表示可能です。

検証環境
  • PC側 Windows 10 Home 64bit
  • Android 10